FC2ブログ

「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

ハセガワ GT380B 製作のポイント 最終回 後編






今回でホントの最終回です。

ズラズラと書いていきます。





GT380B 製作 71




スイングアームです。

説明書では
タイヤを組み込むと同時に
分割されているスイングアームを付ける指示ですが

私はそれ以前から一体化させて形にして
合わせ目を消しています。

後ハメでも特に問題無いので。

それと定番ですが
後ろのチェーンアジャスターもディテールアップ!

ただ・・頑張って製作しているにも関わらず
両サイドのマフラーで隠れてしまうのが
毎度ながら悲しい・・・。









GT380B 製作 72




あと、これも目立たたないけど
チェーンも彫り込んでいまっせ!!

カバー等で隠れるところは
あえて掘っていません。

少しでも強度を確保したいですからね。









GT380B 製作 73



次はココ ↑

フロントフェンダーの
スピードメーターケーブルを通すステー。

プラ棒で自作したモノです。


ここを省略するキットがほとんどですが
出来れば再現してほしいところ。









GT380B 製作 74



バッテリー。

マスキングが面倒


という個人的な理由から
白い部分はあえて分割し
プラ板に変えていました。

残念なことに
パーツを組み込んでしまうと見えなくなるという
悲しい結末を迎えるので

結論で言えば
わざわざ分割しなくても良いかな?









GT380B 製作 75



マフラー。

画像のような状態にすれば
後付け可能。

注意点は
前後のパーツを組み合わせる時
車体に付けた状態で向きを確認しながら接着すること。

そうしないと
マフラー全体の角度に隔たりが起こるので
画像のように一体化する場合は慎重に。









GT380B 製作 76



ホビージャパン誌面でも紹介された
開閉可動の改造をしたシート部分。

少し詳細に説明します。


フレームには
それらしきモールドがすでに存在していますが
そのままでは薄すぎて洋白線を通すのもツラい・・・

と思い
0.3㎜のプラ板を追加し、厚みを増しました。(画像の矢印部分)


4ヶ所のシート固定の凸部分は
キットの状態では少し浅い感じがしたので
1.0㎜の洋白線に差し替え。









GT380B 製作 77



シート側にも0.3㎜プラ板で
厚みを増します。

ただ難点を言うと
0.3㎜の穴を開口して洋白線を通すのですが
場所が場所なだけに・・・穴あけ作業自体が大変だと思います。

ピンバイス自体が太いのでシートに当たってしまい
なかなかドリル刃が真っ直ぐにならない・・・(泣)


ん~
困ったものだ (-_-;)








GT380B 製作 78




とりあえず上手く作業が出来れば
画像の様な開閉が可能なわけで
3D設計の正確さが実証されるのですが

まぁ
無理にやる事はないかなぁ・・・。

おススメはしません。

さらに高みを望む方は
ぜひチャレンジを!









GT380B 製作 79

GT380B 製作 80



ガソリンタンクとサイドカバーに付く
エンブレムです。


キットのままでは接着時に不安があったので
凹凸を逆にしてみました。

この方が角度や位置が的確に付けれるので
接着時に焦らなくて済みます。


開口サイズ、プラ棒共に0.5㎜です。









GT380B 製作 81


GT380B 製作 82



最後です。

フロント、リアアクスル、スイングアーム固定ナットが
キットのビスとは違う事に気が付きましたか?


細かい所ですが
ビスの+頭が気になる人は
替えるだけでも実車の雰囲気が出ます。


私は毎度の如く
1.6㎜のウェーブ製の真鍮パイプに替えてアクスルの軸にしていますが
そのままでは、差し込み口の片側が穴が丸見えなので

画像のように
アドラーズネストの金属ナットと
真鍮パイプを組み合わせたモノを付けて
それっぽく演出しています。


細かい部品でも再現しているハセガワが
ここをビスのままにしていることが意外でしたが
(NSR500`89ではナットパーツが付属)

エンジンの冷却フィンの厚み、アクスルのナットを何とかすれば
よりキットの完成度が高まったでしょうね。









GT380B 製作 完



ということでお送りして参りました
GT380B製作のポイント

いかがでしたか?




バリエーションキットとして
仮面ライダー「本郷猛の変身前のバイク」が出ますが
それを新たに買われる方

すでにGT380キットをお持ちで
これからジックリ組まれる方にとって
少しでも参考になればと思います。


また別のキット製作でお会いしましょう!


これにてお開き!

最後までご覧になり、ありがとうございました<(_ _)>











スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment