「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

続 トリックスターH2R 製作 10





今回はカーボンデカール作業へ入ります。




続 H2R 77



作例では省略していたカーボンデカール。

貼る場所により、かなりタイトなところもあって
時間が結構かかりました。


使用するデカールは
作例の誌面でも紹介しました

バルケッタ製 綾織りブラック 極細4S 

でございます。









続 H2R 78



最初に始めたのはフロントカウルのダクト周り。

さすがに・・・
一発で決めるのは至難な形状  ( ̄д ̄;)

2.3回に分けて貼っていきました。


色々試そうと
最初はマスキングで型取りしたモノをデカールに貼り付け
それに沿ってカットしたカーボンデカールで試してみましたが・・・

まぁ 合わない!


だんだん面倒に感じた私は  (怒゚Д゚) んがー!!

結局、大まかにデカールをカットし
現物合わせで整えていくようにしていきました。









続 H2R 79



表側が終われば内部・・

というように、分けて作業。


ちなみに、このデカールは
強力デカール軟化剤でないと
なかなか馴染んでくれません。

完全に貼り付くまで
根気強く作業していきます。


なお使用しているピンセットは

ゴッドハンド製 パワーピンセット


スゴく使いやすい!! 


細かいパーツはもちろん
デカールでもシッカリ保持してくれるので
超便利です ヽ(≧∀≦)ノ

かなりお勧め!!









続 H2R 80


続 H2R 81



そして作業後の画像。


アッサリと終えたような感じですが

とんでもねー ですよ。


2.3回はやり直ししたんです~(泣)
上手く貼れなくて・・。


画像では幸いキレイに仕上がったように見えますが
継ぎ目はあります。(修正した箇所も)


ただ対策はあります。

クリアーを吹いて継ぎ目を目立たなくするんです。

そうすれば
あたかも一発で貼ったの?!

と思わせるくらいキレイに見えます。


そうなるためにも注意点として

重ね貼りになっても
なるべくカーボンラインは繋がるように
角度にも注意して貼るように!

コレ大事。









続 H2R 82



サイドカウルの黒いところにもカーボン。

この部分は・・・
5.6枚に分けて貼ったでしょうか。

なかなかの手間です。









続 H2R 83



残りのパーツ。









続 H2R 84



サイドカウルの小ウイングのフラップ部分。

2枚に分けて貼り付け。

継ぎ目は目立たない裏側にくるようにしてます。









続 H2R 85


リアのサイドパーツ。

ここも2枚分け。










続 H2R 86



フロントフェンダー。

ここは一枚で出来ました。



久々のカーボンデカール・・・しんどかった・・


次は自作のロゴデカールですな。




つづく






スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment