「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

タミヤH2R TRICK STAR仕様へ改造 いったんの最終回






トリックスター仕様への改造編

今までは変更されているパーツ類をご紹介しましたが
「とりあえず」最後となる今回は
カウルのカラーリングです。



Facebookで

特に外国の方の模型グループに軽い気持ちで投稿したら


「おい!そのデカールはどこから出ているんだ!」


「デカールを売ってくれ!」


等々・・・

予想外のドエライ反響をいただきました。


ありがたい事です。




売ってないけどね。(今のところ)









トリックスターH2R 2


さて製作です。


手持ちのソフト「イラストレーター」にて
ロゴやマーキングを作成。









トリックスターH2R 4




ひと通り作成しましたが

場所によっては使えない部分も・・。


例えば

タンク部分のラインは
形状を見れば一目瞭然。

あれは・・・デカールでは大変でしょ 


面倒な作業になるのは覚悟していましたが
この時、頭を過ぎったのは・・

塗装 でした。



それしか方法は無い。









トリックスターH2R 3




ちょっと見づらい画像ですが

ひとまずシールに印刷して、パーツに貼り付けてサイズを調整。

後に、このトリックスターマーキングは
マスキングの素として使用されることに。










トリックスターH2R 5




マーキングの調整が終わると塗装へと。

今回は取っ掛かりが遅くなって
色々と省略する事になる部分が・・・Σ(´Д`*)



万が一に備えて「塗り分け」。

黒い部分は実車ではカーボン柄なのですが
今回は時間が押してしまい、カーボンデカールはオミット。

白もパールっぽくも見えるのですが
無難にクレオスの「クールホワイト」を使用。


この作業を発端に

マスキング地獄へ突入!!  (んがぁ~!!)









トリックスターH2R 6


トリックスターH2R 7




マーキング塗装へと。

結果的に、当初より若干のズレが生じた部分も・・・


修正したい  ○| ̄|_


という思いはあったが
時間が無いので泣く泣く先へ進む。









トリックスターH2R 8


トリックスターH2R 9




マスキングテープを剥がした後の修正で
かなり時間を取られたが

とりあえず塗装でここまでは再現出来た。


マーキングはガイアの「ニュートラルグレーⅢ」
緑のラインは同じくガイアの「蛍光イエローグリーン」
をそれぞれ使用。


一発勝負だったが
何とかそれっぽく見える?だろうか。


この後
ロゴなどの自作デカールを貼ったわけだけど

良い画像が残っていない。

スミマセン<(_ _)>


クリアーコーティングも、もちろん施したものの
時間の都合でいつもより少なめに吹いたのが仇になり

磨いている最中に 自作デカールが削れたり

エッジの下地が こんにちは してしまったところも (゚д゚)はうぁ!




不覚   ○| ̄|_




無論、タッチアップしていますが


やり直したいなぁ



誌面でどう映っているのか・・・不安  |ω・`)









トリックスターH2R 58



とにかくカウルを磨きつつ
組み立てもしなければならない。

この時、締切日まで一日を切っていたのである。


私がバタバタしていたのは想像に難しくないだろう。










トリックスターH2R 59


トリックスターH2R 60




バタバタしつつも、スマホでの撮影はシッカリとやる。


形になって来ると
段々テンションが上がって来るのは

みんな一緒 (だよね?)









トリックスターH2R 61




反対側。


大型のインテークにもカーボンデカールを貼り
クリアーコーティングして研ぎ出し、継ぎ目を目立たなくする。



先でも述べたクリアーですが

使用したのは全てガイアの「EXクリアー」です。


内部だけでもカーボンデカールを・・・
とギリギリ頑張りましたが

貼れなかった所も

戻ったら追加しよう。










トリックスターH2R 63



結局、締め切り日 「当日」 に完成。

宅配する事も出来なかったので

徹夜明けで、そのまま編集部へ直接出向き納品。


頭が働かない状態で編集部の方と御挨拶。


という今回の製作

いかがでしたか?



白いH2Rもカッコいいですよ~。(出来はともかく)




カッコいいです!


と言われれば素直に嬉しいですし


なんだ・・仕上がりが雑だなぁ・・


と思われたら猛省します。


良い作例か?悪い作例か? は
あとは読者である皆様の判断に委ねます。



いよいよ「月刊ホビージャパン3月号」に登場ですが

この製作編と併用しつつご覧になると 

2倍楽しく?  なるかも


ぜひご購読ください。




さて・・

トリックスターH2Rの完全版はあるのか?


気が向いたら (汗)






ひとまず 








スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment