「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

タミヤH2R TRICK STAR仕様へ改造 03





最近、H2Rキットを購入しました。


結構売れている?みたいで
なかなか店頭で見かけないですねぇ。


え?

何で買ったかって?


やり直したい部分があるんです



製作の最後は突貫になって雑になった所があるので
作例が戻ってきたら早速着手します。



時間が経つにつれ・・・沸々と衝動が・・ 



それも後ほど。









トリックスターH2R 68




さて
今回のご紹介は 「トップブリッジ」 です。


ここでのディテールアップ項目は

・ブレーキカップ、ステーの変更

・ステアリングダンパー機構の変更


の2つです。


まずはブレーキカップから










トリックスターH2R 45



いきなりの完成画像でスミマセンが

↑ のようになりました。


タミヤの「透明ソフトプラ材」 と 「透明プラパイプ」 で
カップを置き換えました。

フタはキットの物を使用。

下部にホースが付くため「洋白線」を埋め込んでいますが
そのままだと丸見えで・・・何かなぁ・・と思い

実車とは違いますが
カモフラージュでフラットブラックを下部側に塗装しています。


カップを支えるステーも
洋白帯に換えて、社外品のピンで固定しています。

かなり細かい(細か過ぎ!)の作業です。









トリックスターH2R 44



上から見た図。


取り付け後
カップの角度が不満でしたが・・・仕方ないか。

とりあえず雰囲気は出たでしょうか?









トリックスターH2R 46



続きまして 「ステアリングダンパー」 です。


誌面では全然分からないのに 可動式に

なぜかイジッてしまった「しゅんぱち」さんです。


キットのままでも良いのですが
あちこちイジッて、ここだけ浮いてしまうのもなぁ・・・

と思って変えました。









トリックスターH2R 47


分解図。


特に難しい事はしていないのですが

取り付け部分を変えたり、洋白線に置き換えたり
それだけですね。









トリックスターH2R 48



こんな感じで。

置き換えたナットは 「T2M」 より
「チェーンアジャスター」用を使用。

贅沢に使ってます!


でもこれ、結構こういう所にも使えるんですよねぇ。

今回はマフラーの固定にも使用しているので、計3か所!!


ん~部品は高いが重宝します。









トリックスターH2R 49



キット状態のステアリングダンパー取り付け部。

なぜか省略されています。

スカスカが気に入らない私は・・・









トリックスターH2R 50



プラ板を重ねて整形。

先ほどの 「T2M チェーンアジャスター」 内に付属の
スタッドボルトを差し込んで再現してみました。









トリックスターH2R 51



取り付け後。

この後はさらに形状を整えて完了
そんな内容です。





実際この部分は可動するわけですが・・・

塗装後、フレームにフロントフォークなど差し込んだら


塗膜でキツくなってしまって


動かしづらくなるという・・・トホホな結果に。






悲しい  ○| ̄|_








という事で
報われたり報われなかったり
という作業でした。




つづく





ドンドンイクヨ!!






スポンサーサイト

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/19 (Thu) 13:51 | EDIT | REPLY |   

Add your comment