「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

タミヤH2R TRICK STAR仕様へ改造 01


* 画像はクリックで拡大します






最近のバイクは
「流線型」ではなく「角ばった」のが進化形?


そのまま特撮ヒーローで使っても違和感が無さそうな・・・

そんなH2R、もう作られましたか?


いや~凄いバイクが出たものです。

スーパーチャージャー付き!?

ウイングも!?


最近 「2スト」 ばかり製作していた私も
今回の作例のお話が来なければ作っていなかったであろう新型バイク。


食わず嫌いはいけませんな (;´д`)
スゴイよこいつは!!





という事でお題なんですが・・・


タミヤのH2R でございます。



トリックスターH2R 0



しかし!


ただのキット製作ではなく・・・ 改造です




編集部からは2つのタイプからどちらか
ということでお話をいただきました。


今まではこのような新作キットの作例は
先輩モデラーの方が手がけていたので
私の出番は皆無だな・・と余裕をブッこいておりました


が!!


あれ?私もッスか??


意外な展開に驚きと喜びが入り混じるという・・・(汗)




お題の話に戻りますが

市販用に作られた  H2  と

モータースポーツではまず知らない人はいないであろう

トリックスター仕様の白いH2R  への改造作例


どっちやります?? と。



え? 白って何スか??



この時は全然知らない私。

ネットで検索すると・・



オオッ!!カッコええやないの!!


白いのやります!

だって読者目線からしても、白いH2Rは映えますよ!


と返事したのが運の尽き。

まさか・・・締切ギリギリまでやる事になろうとは・・(゚д゚)



ということで製作してみましたよ!









トリックスターH2R 1





今回の製作期間は少し多めにいただきましたが

何より大変だったのがマーキングやロゴのデータ製作。


資料集めから始まり
ネットで検索して、イベントの際に詳しい方からの情報得たり、ステッカー買ったり・・・
トリックスターH2Rの情報を収集。


編集部が取材に行くと聞いた時は


自分も同行させてくれー!!


とホントに思ったんだけど・・・。


行けないものは仕方ないので
とりあえず、分かったモノから地道にデータ化。

ナンセルさんから紹介していただいた 
「はーださん」 にも手伝ってもらって


私は慣れていないこともあり
結局1ヶ月も掛かってしまうという・・・(汗)







トリックスターH2R 28



ある程度PC作業が終わった後は
即行でキットに着手!

データ作ってもモノが無ければ話にならず
この時、残り1ヶ月とちょっと

すでに間に合うかどうかの不安が頭を過ぎる。



いや!プロがそんな事ではイカン!! と気合を入れ
組むものはドンドン組んでいく。

幸いメーカーはタミヤ。

さすが、ピタピタ破綻なく組める相変わらずのクオリティ!!


そしてお決まりのチェーンのモールド彫り。

いつもは彫った後に強度が落ちて
ポキポキ折れてしまうんですが


あれ?


いつも通りやったはずなのに折れんぞ!


と嬉しいサプライズ。

パーツの幅が少し広くなった??からか?

何せよ助かる。






トリックスターH2R 29



スイングアーム。

合わせ目はキッチリ埋める。
その後は配線を変える作業。

僅かな資料をガン見しながら追加変更していく。

予想外だったのは
最初に用意していた素材が、本番で上手く付けられず
しばし途方に暮れた事・・・(|| ゚Д゚)なにぃ~?


予定を変更して代替を探し
とりあえず、事なきを得る。

この時
結構手持ちの素材が無くなっていたことに気付く。

在庫管理は大事です ( ノД`)









トリックスターH2R 30




イキナリのほぼ完成画像。


今後もそうですが
画像が無いモノは、ほぼキットのまま組んで行ったと思って下さいね。
(撮り忘れもあるけど)←ダメじゃん!!


さて、配線を実車同様にしたのは良いが・・


リアフェンダーで隠れてしまう-!


誌面では写りづらい・・よなぁ(汗)


ということで、今のうちに公開。

配線は結局 0.3㎜の洋白線 を曲げて
バルケッタ製の 「外形0.6㎜・内径0.4㎜」 のグレー色のチューブを被せたものです。


ちなみに
トリックスター仕様のH2Rのチェーンは「ゴールド」です。









トリックスターH2R 31



反対側。


リアホイールのセンタービスに注目!
プラスビスではありませんね?


ここは以前より企てていたところ。

ネットより 「モノタロウ」 で購入した

2.6×3 クボミサキ のイモネジに変更。

もちろんイモネジは先だけで
内部の繋ぎはウェーブの1.6㎜金属パイプを使用しています。


ちなみにフロントも同じことをしていますよ。









トリックスターH2R 32



スイングアームの配線の先は
最終的にフレーム側から延びている配線とジョイント。


あれ? 「しゅんぱち」さん?


フレーム側の配線も追加したのかい?!


と思った方もいるかと思いますが
この先の部分は、後でお話します (゚∀゚)




ん?ブレーキのカップも変わっているような・・・



はい!変えてますよ。
透明プラ棒やパイプに!




マフラーのサイレンサーも??




うん、それもまた今度ね。




バックステップも・・・




□%4#△!!!






つづく








スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment