「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

NSR500`86 製作編2015 05






フロント部の工作 「中編」 です。




NSR500 86 43


前回でアンダーブラケットを変更したため
トップブリッジにも少々手を加えます。

脇の割り締めボルトのモールドを追加。

って言っても
開口して洋白線を入れただけです (。-_-。)









NSR500 86 44



続きまして 「ステムボルト」 です。

キットのままだと、「+ビス」 の頭が丸出しなので
隠す工作をするため
ここも 「NSR500‘84」 よりパーツ流用します。

まず、ビスの頭のサイズ分の穴を開けます。
(私は貫通させました)









NSR500 86 47




貫通させたままだと
ビスが 「すり抜けて」 しまうので
ストッパーとして 「切れてるプラ材」 を裏側に接着。

スクリュー部分のサイズの穴を開けます。








NSR500 86 45



表はこんな感じです。

ビスの頭が深く隠れるくらいに調整。









NSR500 86 46



後は 「NSR500`84」 キットから
ステムボルトのパーツを被せれば完了。


おおっ!!

旧キットと新キットのパーツコラボ

ピッタリ でんな (´ω`人)

さすがタミヤ。









NSR500 86 49




ブレーキフルードカップです。

トップブリッジと一体化していましたが
カップの底が成形上の理由? で穴が開いていたので
切り離してプラ棒に置き換えました。


こういうところの 「白塗装」 は
個人的にかなり面倒な箇所なので
置き換えた方が楽。

トップブリッジ工作はこのくらいです。









NSR500 86 50



アウターチューブ付近です。

ボルトのモールドが省略されている部分があるので
ここは市販の金属パーツを追加しました。

またブレーキキャリパー付近にあるホースは、キットのモールドを削り落とし
「真ちゅうパイプ」 と適度なサイズの配線(金属線入り)
に置き換えてます。



次回はグリップ部分を少々。



つづく





スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment