「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

トミーテック 日産セドリックバン 1/35







2016年、一発目の新作となりました。

「トミーテック セドリックバン」 です。



*以下、画像は全てクリック拡大 ↓ 

セドバン 01


セドバン 02


セドバン 03


セドバン 04


セドバン 05



昨年、「X-ウイング」 をお店に納品後
なぜか?成り行きでサンプルをいただいたのが
この 「セドリックバン」 。


当初予定には無かったのですが
久々に「ハコ車」キットを勉強するには丁度良いなぁ・・・
ということで急遽製作決定。


facebook でコッソリと経過をアップしていました。







・内容は?


サイズは1/35と
通常のハコ車キットより小さめ

にもかかわらず・・・







セドバン 06


エンジンが再現されてます  Σ( ̄。 ̄ノ)ノ 何っ?!


そして・・・








セドバン 09


セドバン 10



リアゲートが可動式っと  w(゚o゚)w まぁ素敵!

ただ、この画像では思いっきりフルオープンですが
上部をよく見ると・・
「つまようじ」 で固定されていたりする・・。

なぜなら!







セドバン 12



抑えていないと
ここまで垂れ下がる・・・( ノД`)


なので、フルオープン化するには
赤い線の位置に 「真ちゅう線」 か何かで
シリンダーを追加する必要がある。

要改造。








セドバン 16



別の方へ目を向けると
シャシー下部の足回りも十分再現されていて抜かりなし!

なかなかの拘りキットでございます。








セドバン 18


セドバン 19


セドバン 17


「自衛隊仕様」 の内装はこんな感じです。


内装の色の指定がブルー系だった事に
多少の違和感がありましたが
実車もどうやらこんな感じらしいです。

私は詳しくないんで知らなかったけど・・


MT,AT、さらにコラムシフトと
3パターンが選択可能。

それに伴い
運転席・助手席のシート形状、アクセル等のペダル
さらにはセンターコンソールまで選択パーツとなってます  Σ(ω |||) 何ぃ~!





・製作




セドバン 21



今回は基本的に ほぼ 「素組み」 です。

ただ、そのままでは・・・ちょっとなぁ・・・
という所は少し手を入れています。 

まず
スケールが1/35というのもあるのでしょうが
パーツもモノによって小さく
取り付け軸が設けていないのがあります。

特に
上の画像にある 「フェンダーミラー」 「ワイパー」 
そしてバンパー下の 「フォグランプ」 は、そのパーツの例。

なので

私は0.3㎜の洋白線で軸打ちし
取り付け箇所は、ドリルで開口。

強度を確保してます。








セドバン 08




ボンネット。

キットは開いた状態で固定するか
またはただ被せるだけ・・・の選択式。

しかし
せっかくエンジンが再現されているので
開閉できるようにしたい・・・と考えた私。

そこで・・








セドバン 22



「新紀元社」の 「自動車模型 フル開閉化編」
という本を参考に、洋白線、真ちゅうパイプを加工して
開閉仕様に変更してみました。


ていうか、本に書いていた作り方を
ほぼそのままパクリましたが・・ (ノω`*)ノ


するとどうでしょう!








セドバン 07


初めて作業したにもかかわらず
上手く出来たんですよぉぉ!


実際作るまでは半信半疑もあったけど
実行後は

この本、スゲぇぇぇ!!

と大感動  ヽ(≧∀≦)ノ ウヒョー!


実車と開閉機構がちょっと違うけど
そんなことよりも、1/35でも改造が可能という事が
今回の特筆もの!

かなりお勧めの本ですよ!!


今度ハコ車を作る時は
ドアの開閉もチャレンジしたいものですな (´ω`人)


ちなみに
さすがに本通りに作る事が出来ないところもありまして・・・


セドバンのエンジンルームスペースでは
ボンネットが開いた状態で保持するシリンダーの取り付けは
さすがに無理でした (つД`)ノ


なので


独自に短い洋白線を両脇に設置して
何とかボンネットを支えるようにしてみました。








セドバン 14



続いて閉じている時の追加作業。

引っかけるものが無く
そのままだとボンネットが 「パッタンパッタン」 と
動いたりズレたりして落ち着かないので

市販の「ネオジム」を使い
磁石で固定することにしました。(画像の矢印がそれ)

幸い、ボンネット付近にモールドがあり
それを利用する形で埋め込み。
目立たず取り付けることが可能となりました。

ボディ側には 1.0㎜の円柱タイプ のネオジム
ボンネット裏には エッチングの薄型タイプを
それぞれ使用しています。









セドバン 13


これでドアまで開閉出来たら
1/35スケールにしては、驚愕のフルオープンが再現可能ですね。

しかし・・ここまでやるなら
せめてリアゲートはシリンダーを追加して
もっと開くよう改造すべきだったなぁ・・

後悔! ( ノД`)









セドバン 20


次は些細なところですが

リア窓に付く 「ハンガーステー」 (矢印)
洋白線とプラ板で作り直しています。

ていうか

そうせざるを得ない 状況に・・・。


実は・・・元のパーツをゲート処理中

折れました  (゚д゚) でぇー!!


意外にも モロかった ○| ̄|_


結果的に見栄えがシャープになったので
とりあえず良しとする。


また、窓のクリアーパーツですが

「押しピン跡」 が目立つ内装側にあったので
削った後、マスキングして室内と同色を塗装することに。


出来ればココ、接着する面の表側に
 「押しピン跡」 があってほしかったですぞ!! ヽ(`ω´*)ノ プンプン


あとサンプル品だったせいか
窓の面にクッキリと
成形時の結合線が目立ってました。

なので窓のクリアーパーツ全面を研磨する羽目に・・・

ハコ車はこういうところが大変だったりする。








・裏話、その他



少し苦労したと言えば・・

今回使用したキットは 「サンプル品」 と言いましたが
ある意味ホントのサンプル品。


ていうのも、頂いたものは

ランナーに付いた状態で展示するサンプル

だったのですよ (´・Д・)」


白箱で、かつデカール・説明書が無い状況だったので
どの仕様のセドリックバンか、まったく分からず・・・。

エンジンの形を見て初めて
キット内容が 「自衛隊仕様」 ということが判明しました。

おまけに
ランナーにはパーツ番号が 一切無く!
判別するのにも一苦労 (T_T)

そんな製作状況でした。


そういうわけで、私が製作したセドバンは
特にデカールに関しては
他のキットからの流用で補足したモノなので
正規品と大分異なりまする。

積載量とか車名とか
付くものが付いていないしね・・。

いわゆる架空の自衛隊仕様となってますので
御了承下さいませ <(_ _)>


あと
メッキ部分が多い車なので
特に窓枠は面倒でも
マスキングしてエアブラシで仕上げた方が無難です。

私は筆塗りして仕上がりが汚くなり
ここでも後悔しました ○| ̄|_・・・

ご注意を!









・おまけ




セドバン 33



今回は台座に少し凝ってみました。

以前から挑戦したかった 「ジオラマ」 。

1/35スケールということもあり
この方が見栄えがより良いだろうと
簡単な情景にトライしました!


スチレンボードを適度な大きさにカットし台座に接着。

タミヤの 「情景テクスチャーペイント」 をボードに塗り
ペーストが乾かないうちに、コルク辺や小石を混合させ
少々の「わだち」も追加。

乾燥後スミ入れのブラウン、ダークブラウンで陰影を付け
最後に鉄道模型の草に使用するグラスを 「メディウム」で接着。

さらに色味を調整して出来上がり。

おおまかですが
そんな内容で作りました。


ジオラマベースを本格的に作るのは今回が初でしたが
製作中は楽しかったですね ヽ(´∀`)ノ

ハマりそうです。









セドバン 24


で、これがとりあえずの完成形です。




セドバン 29


セドバン 30


セドバンだけでは寂しいので
タミヤの 「偵察用バイク」 キットも追加。

他に、小物など追加しても良かったのですが
今回は車体がメインなので
あえて、このような構図にさせていただきました。


ジオラマにしては、ちと物足りないけど
あんまりやると凝り性の私だから・・・

終わらなくなる!

ということもあるのでね (-_-;)

自粛・・。






セドバン 27


セドバン 28


セドバン・バイクに軽いウェザリングを施して
車にはタイヤに0.5㎜、バイクにはサイドスタンドに0.3㎜
それぞれ真ちゅう線を埋め込み台座に固定。


そんな内容の今回のセドバン製作。


トミーテックの初プラモという事ですが

一部組み立て構造や、説明書に関し
多少改良を求める部分はあるものの
総合的に見ればよく出来ていると思います。

今後どのように展開していくのか?
楽しみですね~。



ということで長くなりましたが
最後までご覧いただきありがとうございました<(_ _)>








セドバン 26


セドバン 25


セドバン 31


セドバン 32

セドバン 23










スポンサーサイト

2 Comments

「しゅんぱち」  

トマソンさん

ありがとうございます。

自衛隊色はホント渋いッスよ!

ボンネットオープン状態で
ビッグサンダーさんに展示していますので

都合の良い時に
ご来店くださいませ~<(_ _)>

2016/01/13 (Wed) 23:43 | EDIT | REPLY |   

トマソン  

セドリックバン完成おめでとうございます。
Facebookでは製作過程見てましたが、改めて渋い良い感じのボディ色ですね〜。
エンジンせっかく作ったからボンネットオープンで飾りたいですよね。台座にも一工夫してあり、早速現物を見てみたいです。
次のイベントにでも拝見させてください。

2016/01/13 (Wed) 21:11 | EDIT | REPLY |   

Add your comment