「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

NSR500`86 製作編2015 04





今回はフロント部分工作の前編です。




NSR500 86 36



キットのままの状態では
色々と物足りなさを感じるので
少し? イジっていきます。









NSR500 86 37



組んでみた時に、いきなり目に付いたところが
インナーチューブとアンダーブラケットのハメ込み部分。

画像は後ろから見た角度ですが
何もフタをすることなく、完成後もこのままの状態です。

いくら目立たない所とはいえ
さすがにこのままでは・・・Σ(´Д`*)


てなわけで工作開始でやんす o(o・`з・´o)ノ








 
NSR500 86 38


キットの後方からの 「ハメ込みダボ」 を
脇の方から取り付ける「タミヤNSR500‘84風」へ変更します。

まずは
アンダーブラケット脇の先端部分を大胆にカット!









NSR500 86 39


続いて
空いている後ろの部分を プラ板、プラ棒を、加工し接着。

成形して ↑ の画像のように整えます。









NSR500 86 40


実際にインナーチューブをハメ込んでみて
ダボ穴を調整。

キツ過ぎず、緩過ぎず がポイント。









NSR500 86 41



切り取ってしまったアンダーブラケット先端部は
タミヤの 「NSR500`84」 キットより流用します。

そのままでは使えないので
内部の溝をプラ棒で埋めて、平らに成形します。









NSR500 86 42



そして先ほどの部分に付けてみます。

何と!
驚くほどサイズがピッタリというタミヤマジック!!  Σ(ω |||) なんと!

素晴らしい。

後に 真ちゅう線 を軸打ちして
取り付け強度を確保しました。


反対側も同様の工作を施して
取り付け変更作業は終了です。




他の工程がまだあり長くなりそうなので
今回は一先ずここまで。


次回へ



スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment