「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

NSR500‘86 製作編2015 01





この章より製作へ移ります。






NSR500 86 02


現在(2015年)お店で見かける NSR500`86 キットは↑。
全日本仕様カラーですね。

旧キットのロスマンズ仕様に無かった
パーツやデカールがあることに気付いたので
今回は新旧キット併用で製作しました。






NSR500 86 01



こちらは旧キットのロスマンズ仕様。
絶版です。

古いキットのため、デカールはほとんど使えない状態。

なので
シュンコー製のデカールを今回は使用。
すでに買い置きしてスタンバイしていました (´ω`人)









NSR500 86 03



こちらのカウルパーツは
全日本仕様キットに付属しているもの。

旧キットは クリアーパーツ で入っていますが
プラ製が加工しやすそうだったので
今回はこちらを使ってます。









NSR500 86 04


余談ですが
新旧キットの説明書の違い。

古い方は色が退色してます (^_^.)









NSR500 86 05



比較的新しい、他のNSR500キット。

今回の製作する86年型に流用するために用意。
ディテールアップのため、贅沢に使わせていただきます。









NSR500 86 06



資料はこちら。

当時の状態で写真が掲載されているので
重宝してます ヽ(≧∀≦)ノ










NSR500 86 07



最初に取り掛かったのはフレーム。
特に気になったのは内部の剛性棒。

フレームごと分割されていましたが
合わせ目を消しても、形状がグダグダになると思い・・・









NSR500 86 08



思い切ってカットし
同形のプラ棒で置き換えることにしました。

トップブリッジ付近の部分は
製作工程の事情で、後で付けます。

ちなみに
いつもならフレームとタンクの干渉を防ぐ
スペーサー を追加するところでしたが
時間の都合により、今回は省略。

キットのままとしました。









NSR500 86 09



次はこのパーツ。

リアショックの上に付く部分。(言葉足らず・・スミマセン

ここも少々。









NSR500 86 10


別キットの84年型NSRより
コムスターホイールのエアバルブを拝借。









NSR500 86 11



プラ棒と合わせて加工し
リアショックの油圧調整バルブ? を追加。

資料見ていたら目についた部分だったので
つい手が・・・ヽ( ´_`)丿









NSR500 86 12



今回の工程はこんなところ。

とりあえずジャブ程度というところでしょうか。





つづく



スポンサーサイト

1 Comments

「しゅんぱち」  

たのしがりやさん

お久し振りです。

無理にコメントを書かなくていいので
とりあえずハーレーに集中して下さい!

お話しは、当日会場でゆっくりと。

完成を焦らないで!!

2015/11/30 (Mon) 23:58 | EDIT | REPLY |   

Add your comment