「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

1/48 X-ウイングを「素組み塗装」で作る 07







続きです。







X-ウイング 製作 65



ドライブラシで擦った後
さらに色禿げを表現するべく
筆で追加していきました。

主に、端を攻めていきます。








X-ウイング 製作 66



雰囲気出てきました・・・よね?










X-ウイング 製作 67




ここからチッピング作業に移ります。

家庭用スポンジを使って
細かい色禿げを出します。









X-ウイング 製作 68




一度、色を落として調整。

色が付きすぎると、上手く表現が出来ないので。










X-ウイング 製作 69




私の場合
まず、角の部分から攻めます。

色剥げは、大体が角から始まるので
大まかに色を付けて行きます。









X-ウイング 製作 70




角をイメージ通り付けたら
バランス良く 「面」 全体にも。

ここはセンスが問われます。










X-ウイング 製作 71



X-ウイング 製作 72



チッピングが終わったら
メリハリをつけるために、筆で調整。










X-ウイング 製作 73



こんなんで良いかな。

だんだん良い感じになってきた・・と思いますが(^_^;)









X-ウイング 製作 74



X-ウイング 製作 75


そして
最後に、タミヤの 「ウェザリングマスター」 で陰影を付けます。

これでウェザリングは終了。









X-ウイング 製作 76



施行前との比較図です。
毎回思うのは、ずいぶんと印象が変わるなぁ・・と。

最後に フラットクリアー でコーティングして
塗装は完成です。


え~と・・

あれ?

X-ウイングの工程は、次回で終わりですね
あとは組むだけなので。


次回で最終回です。



つづく




スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment