「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

1/48 X-ウイングを「素組み塗装」で作る 04




X-ウイング本体は、一度置いておいて
今回は付属のフィギュアを塗装していきます。





X-ウイング 製作 25



「ルーク・スカイウォーカー」

操縦タイプと素立ちタイプ の2体ですね。
工程内容は同じですが、とりあえず両方紹介します。










X-ウイング 製作 26



なるべく広い面積の所は
エアブラシで塗っていきます。

全体にクレオスの 「クールホワイト」 を塗装後
白く残す部分はマスキング。










X-ウイング 製作 27


そしてオレンジを塗装。

靴も黒く塗装されていますが
成り行きです。










X-ウイング 製作 28


次はタミヤのエナメルを使います。
もちろん、筆塗りです。

服のシワの部分に、ブラウン系の色を塗ります。
陰影を付けるわけです。


ところで何色塗ったんだっけ??
レッドブラウンだったかなぁ?

時間が経つと忘れてしまう・・・
歳だね  まったく・・・。










X-ウイング 製作 29


溶剤を使い、ウォッシングの要領で拭き落としていきます。

以前、油絵などで使用する
とあるメーカーの 「ペトロール」 というものを使用していたのですが・・


どうやら、気に入っていたそのメーカーのペトロールは
気が付けば

絶版 に。

代わりで、別メーカーのモノを試したのですが・・
何か違うんだよなぁ(-"-)

塗料が溶けて伸びるっていうより、削れるって感じで
いつの間にか下地まで削れて・・ (あら?!)

その上
拭き取ったところに段差ができる始末

はっきり言えば 使えん!!


仕方ないので、現在はエナメル溶剤を使用中。
プラが割れないように注意しないとね。










X-ウイング 製作 30



拭き取り後。

とりあえず、こんなもんか。










X-ウイング 製作 31



後は、細かい部分を筆塗り。

ちょっと根気が要りますね。










X-ウイング 製作 32




こんなもんかな。

目のゴーグル部分は
キットではオレンジ色のデカール
またはシールを貼る指定ですが

映画を観る限り
クリアーイエローっぽい感じだったので
クレオスの 「色の源イエロー」 を筆塗りしました。









X-ウイング 製作 33




ヘルメットにデカールを貼って完成。

後で全体に 「フラットクリアー」 をコーティングします。

そんな流れの工程。










X-ウイング 製作 34



巣立ちバージョンも、工程はまったく一緒です。











X-ウイング 製作 35


この画像で思い出した!

やっぱり レッドブラウン を塗っていましたね。

この後、塗り重ねる感じで ジャーマングレー も使用して
陰影に深みを出しています。









X-ウイング 製作 36


ウォッシングして影を作り
フラットフレッシュ で肌色を塗装。

あとは胸のメカ部分の筆塗り。










X-ウイング 製作 37



フラットブラックで、グローブからブーツ。

そして、ゴーグル周りにも・・と。







X-ウイング 製作 38


メッキシルバーNEXT を筆塗りして
その上に 色の源イエロー を塗装。

ゴーグルは、そんな感じです。







X-ウイング 製作 39


デカール貼って・・・










X-ウイング 製作 40


こちらも出来上がり。

もちろん、最後のコーティング フラットクリアー もやりました。










X-ウイング 製作 41



ルークは以上。










X-ウイング 製作 42


R2-D2も塗装。

ウェザリングもしてます。

上手く雰囲気が出たかな?



頭のシルバー、胴体のホワイトをエアブラシで塗装して
残りの塗り分けは、全て 筆塗り です。

サイズが小さいので
あまり細かくは塗れません。

ていうか
モールドが省略されているところもあるので
そのまま塗っても問題無いでしょう。


以上、フィギュア関連でした。





つづく





スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment