「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

1/48 X-ウイングを「素組み塗装」で作る 02





塗装へ入ります。




X-ウイング 製作 04



X-ウイング本体を始めるかと思いきや

台座 から行くという・・(フェイント?!)


いかにも 「プラ製です」 という雰囲気の台座。
凄く気になりました。

せっかく 「X-ウイング」 がカッコ良く出来ても
台座が玩具っぽくては・・・と。
そんなことで塗装をすることにしました。


しかし、そのままでは塗装がしづらい。 (基盤が内蔵されているし)

そこで、思い切って分解を敢行。

ビス隠しのキャップですが
取れにくい所は、1.0㎜のドリルでキャップ中心に開口。

その穴に 「精密ビス」 を差し込み
ビスをつまむ感じで、プライヤーで引き抜くという荒業で取り外してます。


なお
分解した後、元に戻せる自信のない方は
この作業は止めた方がよろし。










X-ウイング 製作 05


塗装の下準備。
表面を馴らします。

所々 ヒケ が見え隠れしているので
ペーパーヤスリで目立たなくします。

ひたすら研磨。










X-ウイング 製作 06




研磨終了。

とりあえず、こんなもんだろ。

ふぅ・・(-"-)










X-ウイング 製作 07



で、いきなりの完了の図。

ブラックサーフェイサーで下地を整えたら
クレオスの 「スーパーアイアン」 を塗装。

乾燥後は
上塗りで 「セミグロスブラック」 を薄~く塗装。

ライトな発色の 「ガンメタ」 風に仕上げました。









X-ウイング 製作 08



テーマは 「コクピット」 を意識。

ボタン類も、両翼の開閉はクリアーグリーン。
魚雷発射はクリアーレッドと、それっぽく塗り分けています。

電源ON、OFFボタンは
全体の色味のバランスの都合でクリアーオレンジに。

マーク部分は
最初、メタリック系で行こうと思い塗装してみましたが・・
想像よりもイメージがかけ離れていたので
急遽変更。

少しグラデをかけた感じに。










X-ウイング 製作 09



全塗料が乾燥したら、再び組み立てへ。

そして、キットのままとの比較。
少しはマシになったかな? っと(^_^;)


この後、動作確認をして
台座は終了。


そして次回は X-ウイングの塗装へと。

この台座に合う出来に・・なるかな?



つづく






スポンサーサイト

3 Comments

「しゅんぱち」  

たのしがりやさん


今回の台座塗装は、依頼内容に含まれていたので施行しました。

確かに台座はスルーしがちですが
やはり、キットそのままと塗装後では
作品の雰囲気が格段に変わりますね。

台座も侮れません。




2015/06/28 (Sun) 17:45 | EDIT | REPLY |   

「しゅんぱち」  

Mナンセル さん


了解しました。

よければ
ナンセルさんのホビコムの製作ページのURLを
あとで教えて下さいね。

今後はそちらをリンクしますので。
よろしくです。


2015/06/28 (Sun) 17:41 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/06/26 (Fri) 20:19 | EDIT | REPLY |   

Add your comment