「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

マクラーレンMP4/4 開幕戦仕様へ 11




今回はマクラーレン製作で

一番手こずった 「リア翼端板」 の

前編でございます。


今思っても、このパーツに何でこんなに手こずったのか・・?
MP4/5Bを作った時は、こんなに手間は掛からなかったのに (-"-)
う~む・・。








マク88 80



ということで

早速やらかした画像です。

この時は、旧キットのデカールを使い
たまたま二枚分手持ちにあったので、ゼッケンとSHOWAのロゴは
重ね貼りしておりました。

そう
クリアー吹きによる蛍光色の染め上がりの防止対策のためです。

ただ、この画像はそれ以前の問題で
クリアー吹き中、ヤツ(ホコリ)がゼッケン部分にくっ付いてしまい
それを取り除こうとしたら、いつの間にかグダグダになり
気が付いたら・・ ↑ のような有様に


しばらくフリーズしましたが

どのみち、細かい部分で気に入らない所もあったから
「まっ、いっか」 って感じで、前向きにやり直しを決意。










マク88 81



結局、プラ板で作り直すところから始めました。

さすが2回目だけあって手際が良くなったのか
自分でもビックリするくらい、あっという間に完成。










マク88 82


もちろん、メインウイングとフラップとの調整は必然でしたが
ここも思ったより早めに終わり、サクサクと。










マク88 83



車体にも仮置きして、最終調整。

特に問題無し。
素晴らしい!










マク88 84



意外とサクサク進み、調子づいている「しゅんぱち」さん。
タミヤのカスタマーサービスで純正のデカールを2枚注文。

再販バージョンであれば、黄ばみやフォントのヨレは無いので安心。

というより、前期型を作る時は
キット純正でなければ無いロゴもあるので・・
というのが本音。

何にしても、これしか方法は無い。



で、そのデカールを貼ってから

悲劇再び










マク88 85


「しゅんぱち」さん、染め上がり防止のクリアー吹きを 忘れる 

その結果、貼り終わってから初めてクリアー吹きをすると
↑ のように、見事な染め上がりが経験できます。

サクサク進んで調子づいた結果?!

にしても、あまりにも厳し過ぎる現実・・(/_;)










マク88 86



反対側の翼端板も・・
見事に染まってしまったなぁ (T_T)

ここまで極端にピンクになると
もはや修正不可能。

かと言って、またプラ板からの作り直しは・・
さすがにゴメンだ。(もうイヤ)










マク88 87


なので、カウルの時と同様
溶剤で塗膜をデカールごと駆除することに。

「しゅんぱち」さん、三度目のやり直しです。


後半へと


つづく




スポンサーサイト

2 Comments

「しゅんぱち」  

トマソンさん

このMP4/4製作に限って、何で?!ってくらい
トラブル続出してます。

どれたけトラブったかは、週末にでも教えます。

失敗から色々学びますので
前向きに考えるしか…ないですね(-""-;)


2015/05/26 (Tue) 01:30 | EDIT | REPLY |   

トマソン  

むむむむ。しゅんぱちさんらしからぬミスですね〜。蛍光色や2コートの塗装だとリカバリーし難いのでデカール貼りも慎重になりますね。
まぁ自分こそかなりの凡ミス続きで未だに完成してませんがね〜(笑)
あまり焦らずに、週末楽しみにしてます。

2015/05/25 (Mon) 20:31 | EDIT | REPLY |   

Add your comment