「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

マクラーレンMP4/4 開幕戦仕様へ 10





今回のマクラーレン製作
何かとトラブル続きで・・・(T_T)

イージーミスをしている私です。
何だかなぁ。









マク88 75



さて、リアの翼端板に入る前に
前回のカウル塗装後に、補修箇所を発見したため
そちらを手直ししていました。

結論から言えば、何とか補修は完了。
しかしながら、まったく身に覚えのない破損・・。

クリアーを吹いている時に、何かに軽く当たったような凹みを発見。
光の当たり具合で見え隠れしていたので
その箇所に、少し多めにクリアーをかけ表面処理すれば直るだろうと

思っていたのですが

気が付けば、また同じ個所に凹み線が復活。

あら・・・何じゃいこれ?

もしかしたら、クラック(亀裂)でも入ったかと思い
瞬着で表面を埋めて処理 → その部分を再塗装
→ しかし、いつの間にかクラックがまた復活。(ハァ?!

あまりにも不可解だったので、よく調べたら

完全に割れていましたとさ。










マク88 76



パックリ割れていたので
クラック部分に、ただ接着剤を流してくっ付けたとしても
強度的に考えて、いずれまた何かの拍子で割れる・・・と推測。

なので、0.5㎜のタガネで亀裂に沿って掘り、隙間を作って
その掘ったスペースに0.5㎜のプラ板を挟み込み補強。
これで強度は確保。

あとは通常作業。

補修箇所はもちろん
その周辺にもペーパーヤスリをかけ再塗装。
そしてクリアーを再びカウル全体にかけ直しました。(面倒くさ!)

そして修復後の画像が ↑ です。

どこ? 「しゅんぱち」さん?
分からんのだが・・。

と思っていただけたら、修復は成功。

割れていたところは、ほんの少しの部分でしたが
キレイに仕上げるF1模型では、その少しのクラックも命取り。
意外と目立つんですよ・・(-"-)

そしてそのクラック画像は・・・実は撮っていません (これがホンネ)
スミマセン<(_ _)>

この修復作業により、カウルの乾燥期間の延長が決定。
しばらく放置することに。










マク88 77



カウルを乾燥中、他の部分へ。
ロールバーの仕上げに入ります。

内部下面の白い部分を塗装しクリアーでコート後
開幕戦仕様の一番の特徴である、金属色へ。

ガンメタで塗装・・・と行きたいところですが
スケール的に、ガンメタの粒子が気になるのと
実車はそこまで黒い感じでもなさそうと思い、別の方法で塗装することに。

今回私が施行した色は
下地にブラックサフ → クレオスのセミグロスブラック (サラッと)
→ クレオス スーパーメタリックシリーズのスーパーアイアン
→ 最後に、薄~くフラットブラックを上塗りして色味を調整しフィニッシュ
としました。 

個人的には良い感じになったと思います。










マク88 78



そして・・もう一つの開幕戦仕様の特徴である
ロールバーに付く 「キルスイッチ」 マーク類。

残念ながらキット純正はもちろん
市販のデカールにも、ちょうど良いサイズがありません。
しかも開幕戦のモノは、微妙に形が違うと来たもんだ。

なのでここは、イラストレーターで自作したものを使用。










マク88 79



デカールを貼りつけて、フラットクリアーコートして出来上がり。

言うのは簡単だけど
インクジェットで印刷した自作デカールは、とってもデリケート(-"-)

それぞれのマークを3~4回貼り直して、ようやく納得できるものに。

ホントこういう時、アルプスがあれば・・・と思う。

とりあえず、ロールバーは終了。
前回より納得出来たものに仕上がったから
これで良しとしよう。



つづく








スポンサーサイト

4 Comments

「しゅんぱち」  

ゲルハルト山田さん

ほぼ完成状態でのクラック補修は、かなりリスクがあるものでした。
何とか元通りになってくれて、ホッとしてます。

ちなみに、どこら辺だったかと言いますと
マルボロストライプとホワイトの境界の 「斜め左下」 辺りが
クラックの入った場所でした。

そして、おっしゃる通り
赤い部分にある黒い穴は、モノコックとカウルを留めるピン用の穴です。

2015/05/18 (Mon) 09:25 | EDIT | REPLY |   

「しゅんぱち」  

Mナンセルさん

アルプスを持っている方々にとっても、そんな状況なんですね・・。

個人的にインクジェット方式にも
そろそろ改良してほしい所が多々あるんですが・・
需要が無いと、なかなか開発が進まないんですかね。

何にしても現在の状況は、寂しい限りですね。



2015/05/18 (Mon) 09:14 | EDIT | REPLY |   

ゲルハルト山田  

どこにクラックがあったのかさっぱりわかりませんでした。赤部分にある小さな穴はキャッチピン用の罫書きでしょうか?

2015/05/18 (Mon) 00:07 | EDIT | REPLY |   

M ナンセル  

そのアルプスも終焉の時が近いようです。
修理などの対応は今月まで。
一応、福岡の別会社が修理などの対応は2030年までしてくれるそうです。
がしかし、サプライ品の販売は1年後までだそうです。

それまでに代わるモノを開発しれくれる事を願うばかりです。
せめてインクだけでもどこかの模型メーカーが出してくれたら。

2015/05/17 (Sun) 12:39 | EDIT | REPLY |   

Add your comment