「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

マクラーレンMP4/4 開幕戦仕様へ 07






マク88 52



前回の不測の事態に対処すべく

今回は 塗装リベンジです

溶剤をしみ込ませた筆で、ひたすら塗膜を除去。

プラ製は、シンナー風呂に漬け込むと良い事が無いので
最悪の状態を回避するため、このような方法で地道に落としております。

今回の場合、幸い隅々までキレイに落とせました。

まずは一安心・・・ふぅ~(T_T)









マク88 53


あとはいつも通りの作業です。

↑ はサフを吹き終えた状態。










マク88 54



ホワイトを吹いてマスキング。

今回2回目は、マスキング作業の手間を省こうと
新聞紙も一部使用しましたが・・・

あまりおススメ出来ませんねぇ

特に今回みたいなホワイトでは
新聞のインクがボディに付着した時、かなり目立ちます。

それを除去する作業は手間な上
全部取り除いたと思い、あとでクリアーを吹いた後

こんなところにもあったのかぁ!!

と発見することもしばしば・・・(誰の事やら


ビニール系で囲うか
地道にマスキングテープでカバーしましょ。

当の本人は、この時それに気づかず
そのままレッドを吹いて、マスキングを剥がしたあと
ガッカリしております。





 



マク88 55



最初の頃ほどではないにしろ
マルボロストライプに、ちょっとした修正が必要となり
再び 魔のホワイト修正作業 へと。

前回はこの作業中で、とんでもない事になってしまいました。

今度は大丈夫!

エアブラシ内を これでもか! ってくらい洗いましたから。










マク88 56



そして晴れて
無事クリアー前の塗装作業が完了。

やっと・・・出けた

それにしても
今回の方が前回よりも上手くいきましたな・・。
まぁ2回目だし、上手くいってくれないと困るけど。

これで、ようやくデカール貼りへと。



つづく




スポンサーサイト

3 Comments

「しゅんぱち」  

YOSHI さん

初めまして。震災前から観ていただきありがとうございます。

昔からモノづくりに対しては凄く拘っていたような気がします。
それは、他の方と違う事をしたがるという性格が
模型製作でも強く出ているのでしょうね。

残念な事に、自分の作ったものが
他の方々にどう伝わっているかは感じ取ることが出来ませんが
とにかく観ている人が楽しめるような、何かやってみようかな?とか
模型に興味を持っていただけたら一番良いかなと思っています。

試行錯誤で時折失敗もしている製作内容ですが
これからもよろしくです。

現在は、逆に妥協点を見出して
なるべく簡単に作ろうと模索していますが・・・
私にとっては、かなり難しい課題のようです(笑)



2015/05/04 (Mon) 18:00 | EDIT | REPLY |   

「しゅんぱち」  

ゲルハルト山田さん

そうですね、筆だけでも表面の塗料は落とせますよ。
塗膜が厚くなかなか落ちない部分は、ペーパーヤスリで少し削ってから
筆で落としています。

エアブラシでも筆でも、メタリック用、白用、クリアー用等
なるべく分けて使用した方が確実ですね。

2015/05/04 (Mon) 17:05 | EDIT | REPLY |   

ゲルハルト山田  

風呂漬け込みでなくても筆で落とせるんですね!勉強になりました。私は筆塗りなのですが、白と蛍光レッドは専用の筆を用意してます。昔、やはり色が白に混ざってしまいまして…

2015/05/03 (Sun) 21:45 | EDIT | REPLY |   

Add your comment