「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

マクラーレンMP4/4 開幕戦仕様へ 02





今回はウイングの予定でしたが
ボディ側でやり残している別の部分を。






マク88 17



ロールバー。

後で気づいたのですが
以前に製作したロールバーが 紛失 していたことが判明。

そういえば・・見かけなかったなぁ・・

何にしても、やり直しは避けられなかったと思うが。(T_T)


さて作業ですが
画像の通り、若干のディテールを追加。










マク88 18


前回では自作していたアンテナですが
今回は 「トップスタジオ」 から良いものが出ているので
それを使用する事に。

手間をお金で買いました(^_^;)









マク88 19


キルスイッチは、手持ちの 柔らかい真ちゅう線 で自作。

つなぎ目はハンダで接合してます。










マク88 20



サイドミラー。

ステーを0.5㎜の真ちゅう線に置き換え。

その代わり弊害として・・・










マク88 21


カウルに付けた時のミラーの角度を調整しなければならず・・・。

上下左右、あらゆる角度から確認しながら
取り付け位置、ミラーステーの角度やストロークを調整。

地味にしんどい









マク88 22


最後にウィンドウシールド。

キットのクリアーパーツは厚みがあります。
幸いにも、目立つとしたら矢印の部分くらい。

厚み分を削ったあと
800⇒1000⇒1500⇒3000⇒6000⇒8000と、番数を上げながら紙ヤスリをかけて
最後にコンパウンドで磨けば、表面がピカピカに

同時に薄く成形することが可能です。









マク88 24


施行後は、ご覧のとおり。↑

薄く見せる コツ として
矢印の平面部分だけ削るのではなく・・・







マク88 26


裏側の赤いライン部分の 折り目付近 も削れば
薄く見えます。

ただし、様子を見ながらの作業。
削り過ぎ注意!









マク88 23



前述と同じ作業すれば
ゲートをカットした後で目立つ ↑ の部分も・・・




マク88 25



このように、キレイに再現可能です。

お試しあれ。



次回こそウイングを。



つづく






スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment