「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

Profil24 デルタウィング 製作 03





とりあえず、外観作業に移ります。

今回は下見。







デルタウィング 26



私が最初に注目したところは 底部。
アンダーフロアです。

通常は、あまり気にしない部分なのですが
デルタウィングに限って言えば、後方からある程度見えてしまう形状。

ここを、キットで大体再現していたのであれば
軽い手直しくらいで済んだはず?なんですが・・・










デルタウィング 27



後ろからの角度。

キットのままでは、どう考えても空力無視の形。

前方からくる気流が、流れて・・来ないよね










デルタウィング 28



場所は変わりますが、ついでにココも見ると
何か・・ちょっと・・。










デルタウィング 29




また底部に戻ります。

とにかく気になるのが、この矢印の箱みたいな部分。

ここを何とかしないと、ある程度の形状に 作り直す事 は出来ん!










デルタウィング 25



この時点で、すでに頭が痛い「しゅんぱち」さん。

底の部分の資料って 無いに等しい 状況ですが

チラッと見えてる色々な画像を 個人分析 しつつ
こんな感じなんだろうな・・・と、いつもの推測を交え
何とか形にしていこうと思っています。


結論から言いますと

どう工作するか悩みながら、パーツを切った削ったで下準備し
パテ盛り→乾燥→成形→パテ盛り→乾燥→成形・・・(以下ループ)

気が付いたら 約2週間もかかる という大作業に・・。

そう、これが ガレージキット なのだ 


これだけ苦労した作業内容を
3分クッキング か! 
と突っ込まれそうな あっ気ない 内容で、次回よりブログ掲載。

形状の変貌ぶりに、ご期待?ください。





つづく



スポンサーサイト

3 Comments

「しゅんぱち」  

たのしがりやさん

アンダーフロアの激変ぶりを
地味ですが、次回より見てやって下さい。

2015/01/24 (Sat) 00:59 | EDIT | REPLY |   

「しゅんぱち」  

TKPさん

今年も宜しくお願いします。

機材や技術があるなら、0から作り直したい部分は
多々ありますね。

もちろん、それは無いので
やれるだけ アナログ魂 で進めて行きます。

メーカーには、せめてタイヤとホイールだけでも…
何とかしてほしかったですね。




2015/01/24 (Sat) 00:57 | EDIT | REPLY |   

TKP  

お疲れ様です!!

一連の気泡埋めから拝見していましたが、パーツがないよりはマシ、という程度でしょうか。ゼロからスクラッチするのに比べたら・・・。

自分でも原型製作・複製の真似事はしたことがあるのもので、海外ガレージキットがどうなっているのか、興味深く見てますよ。

遅ればせながら、今年もよろしくお願いします。

2015/01/22 (Thu) 22:45 | EDIT | REPLY |   

Add your comment