「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

ちょいと本気の 「くまモンキー」 製作 03





前回の補足を少し。






くまモンキー 24



フロントのランプ部分。

別パーツの キーシリンダー(青矢印) は
この時点で取り付けてます。(鍵穴の角度に注意)


さて、一体化しているメーター部分。
ランプ自体は、パーツが左右分割で構成されていますので
当然、メーター内部にも分割線が残ります。(赤矢印)

そのままデカールを貼るという指定ですが
多分、貼った後に線が目立つかもしれない・・・

ということで










くまモンキー 25


ここでも登場。 切れてるプラ材 0.3㎜。

適度なサイズを選び、底に接着。

最後に付ける、クリアーパーツとのクリアランスも大丈夫。
という、気配り工作でした。

以上。










くまモンキー 10

くまモンキー 09



続きまして、今回の本題。
リアアクスルの対策です。

取り付けを変更。










くまモンキー 26



真ちゅうパイプを使います。

キットのモンキーに合うサイズを、手持ちのモノで試行錯誤した結果
↑ のサイズに決定。










くまモンキー 27



スイングアームにモールドされているボルトを削り
1.2㎜のドリルで開口。
もちろん、ホイールとチェーンのスプロケット中心にも。

気を付けるのは、左右のスイングアームが離れているので
角度が曲がらないよう、穴あけ位置に注意する事。

最後は、マット方眼で全体をチェック。










くまモンキー 28



角度に問題が無ければ、長さを調整。

チェーン側の先端には
アドラーズネスト のボルトパーツに、真ちゅう線を埋めた物を付けました。










くまモンキー 29


左のチェーン側は、↑ のようになりました。

小っちぇ~










くまモンキー 30



反対側も、アドラーズネスト のボルトに
「切れてるプラ材」 を貼り合わせた物を
スイングアームに直接接着。

真ちゅうパイプを通した時の ストッパー にしました。










くまモンキー 31



この章の工作の最後。

右側のスイングアームにある穴。

実車は空いていないので、プラ棒で埋めるという
ちょっとした拘り(^_^;)










くまモンキー 32



そして、タンクやらシートやらを仮付けして
ようやく全体像が見えました。

良いですやんヽ(^。^)ノ

メーカーの完成見本を見た時、シートの角度が気になっていましたが
思い過ごしだったみたい。
えがった。

ということで、全体のプロポーションは問題なさそうなので
次回は配線類へと。


出来るだけ拘りまっせ




つづく





スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment