「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

もう20年ですか・・・





月末近くなると
色々と、雑誌等の新刊が発売される時期となり
プラッと本屋に立ち寄るのは、昔から私の日課です。






20年 01



物色していて、つい目に留まったのが グランプリトクシュウ の表紙。

セナ没後20年・・・

もうそんなに月日が流れたのですなぁ~と。

考えてみれば、セナの年齢をとっくに超えてしまい
気が付けば40代。

F1もガラッと様変わりし、昔の方が面白かったなぁ・・などと
若い時代によく聞いた、オッサンから発する決まり文句を
私自身も言う事が多くなった現在、ふと時代の流れを感じます。


改めて思うのは、この天才ドライバーが走っていた時代のF1を
リアルタイムで観れていたことが、ホントに幸運だったこと。

私がF1に ドップリ ハマったのは
学生当時の知り合いが、F1のビデオを見せに来たことがきっかけ。
1990年と少し遅めでした。

その影響で、F1のプラモデルに手を伸ばし
もちろん車の模型を、それまで真面目に作ったことも無かったので
その当時の完成度たるや・・・

で、その時から ん十年。 
まさか自分が、ここまで模型に ドップリ 浸かるとはねぇ・・・
いやいや、わからんものです。

そういえば・・
もうすぐですね、タミヤから MP4/7 と MP4/8 が再販されるのは。

それ以前のマクラーレンキットは、頻繁に再販していたのに
この2台がなぜか、今まで再販していなかったのは意外。

何にせよ、また手に入るというのは嬉しいこと。

セナの事故から20年
2015年の来年は、いよいよホンダがマクラーレンと組み復帰。

これだけネタが揃うと
私もそろそろ F1模型 に着手したい気持ちがウズウズと湧いたりして

こうやってズルズルと・・・当初の予定が大幅に狂い始め
ついつい他のキットに浮気してしまうのは・・
多分、私だけではないと思う(笑)





スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment