「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

タミヤ ハーレー Fat Boy Lo 作ります 08





早速、次に参ります。





ハーレー FTBL 82




前回まで組んでいたタイヤと、その前に組んだ スイングアーム を合体!

同時に、↑ の図のパーツも組んでいきます。









ハーレー FTBL 83



いきなりの完了の図。

特にここでは、書くことはないですね。

説明書通り作業すれば、問題なく組めるはず。













ハーレー FTBL 84



16番の項目内容でした。

焦らず、じっくりと作業していきましょ。













ハーレー FTBL 85


続いて、リアブレーキのキャリパーです。

図の バンジョー パーツは、キットではメッキ加工されていますが
パーティングライン が気になったので、メッキを落として塗り直しました。

ただ、リアの ブレーキキャリパー 自体は
2本の太いマフラーが ドン! と前に付くので、正直あまり目立ちません。

なので
あまり気にしない方は、そのまま付けても問題ないでしょう。

要は、自身の気分次第です。













ハーレー FTBL 86


別売りのエッチングプレートも付け、完成形のキャリパー。













ハーレー FTBL 87


取り付け完了の図。


ちなみに補足として
キャリパー下に見えております B36 パーツに付く 「ビニールパイプ e」 ですが
説明書では、先に繋がる部分が記されておりません。

実はキットでは、この部分の繋がる先は再現されておらず 
ココでは ダミー となります。

実際は、キットでは再現されていない部分に繋がっていると思われますが
無いものは しょうがない ので、ホースの先っぽを上手く取り回して
目立たないよう処理しておきましょう。

ハーレーに詳しい方は、無いパーツを自作して繋げてみるのも良いでしょう。

ただし!
この部分も、完成後はあまり目立ちませんので・・・。あしからず。












ハーレー FTBL 88


反対側のベルトガードも取り付け。

書くことは、特になし。









ハーレー FTBL 89



以上、17番の項目も終了。

次回へと。



つづく






スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment