「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

タミヤ ハーレー Fat Boy Lo 作ります 05





ホビージャパンにて、ハーレーの素晴らしい作例が掲載されておりましたが
私は地道に、コツコツ進めて参ります。

誌面の完成形を見て、改めて カッコいいなぁ・・・と思いましたねぇ。


早くこちらも完成させて
お店に来られる方々に、実物を間近で見せれるよう頑張ります!











ハーレー FTBL 42



今回は、この ↑ の画像のパーツを一気に取り付けます。

ちなみに画像は、大まかに セミグロスブラック を塗装した後の図。















ハーレー FTBL 43



オイルタンクです。

キャップ部分のメッキは、キットのままの状態で使用しました。

塗装での再現では厳しい光度だったもので・・このまま採用!


右側にある ステー のパーツも忘れずに。















ハーレー FTBL 44



シートポスト。
その中の、イグニッションコイル 部分。

取り付け後、パーツの裏側の空洞が気になり
塗装後でしたが、強引にプラ板でフタをすることにしました。

マフラー等パーツが付けば、まず目立たないところですが
とにかく個人的に気になったもので・・。

実車と違う? かもしれませんが
ここは、模型的な見栄えを優先します。
















ハーレー FTBL 45


こちら側は、特に問題なく。














ハーレー FTBL 46



先のプラ板を追加した裏側は、こんな感じに。















ハーレー FTBL 47


続きまして、フロント側の油圧制御ユニット。

ビス止めしている、ホースが付いているメガネみたいなパーツは
向きに注意して取り付け。

私は一度、間違えて付けてしまいました。















ハーレー FTBL 48


デカールも、文字の向きに注意しつつ貼り付け。















ハーレー FTBL 49



取り付け後は、こんな感じで。

下部の B17 のパーツですが
エンジン側との取り付け時、付いた感触がイマイチ分かりづらい・・・。

何回か、付いたかどうか確認したが・・どうでしょうなぁ 

後々、外れていないことを願いつつ 次へと。















ハーレー FTBL 50


バッテリーです。

配線を付けたくなりますが、ココは グッ!! と我慢


配線自体、大体何処に繋がるか想像はできますが
取り回しの詳細は知らないので、逆にやらない方が良いかも。

それにしても、デカい!















ハーレー FTBL 51


バッテリーの取り付けは
ココでは、説明書通りに付属の両面テープにて。















ハーレー FTBL 52




ドンドン パーツが付いていきます。















ハーレー FTBL 53


ここまでの作業は、8~12番の項目を一気に。
















ハーレー FTBL 54


最後に、スイングアーム。
















ハーレー FTBL 55


この部分。

説明書では、全体を 黒一色 のみの塗装指定ですが
ボルト類は、シルバー系で塗り分けた方が、よりリアルになります。















ハーレー FTBL 56


組み付け。

特に書くことは無し。
















ハーレー FTBL 57


以上。13番の項目内容でした。


次回はいよいよ、タイヤ、ホイールへと移りまする。






つづく





スポンサーサイト

1 Comments

「しゅんぱち」  

よこしまさん

お疲れ様です~。

知らぬが仏・・と言いますか、逆に資料が無い方がサクサクですね。
改めて感じました。

フルディテールで作ってみたい気もしますが
ほどほどにしないと、他に控えているキットが作れなくなりますよ。

今の所、素組みでも十分! 面白いキット内容です。


2014/01/28 (Tue) 09:01 | EDIT | REPLY |   

Add your comment