「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

タミヤ ハーレー Fat Boy Lo 作ります 04





ハーレー FTBL 30


場所は変わりまして、フレームへと。


左右分割で構成されており
一体化できなかった部分が、別パーツで何ヶ所か。

実車での細かい構造は詳しくありませんが
明らかにココは、合わせ目を消した方が良いだろう!
と言う所は、瞬間接着剤で埋めていきました。
















ハーレー FTBL 31


その中でも
もっとも目立つ部分が、 ↑ のビス部分。

タンクが付けば目立ちませんが
隙間から見た時にビスが見えるのも・・なんだかなぁと思ったので・・
















ハーレー FTBL 32



3㎜のプラ棒で埋めました。















ハーレー FTBL 33


サフ吹き完了。

合わせ目等、下地のチェック。















ハーレー FTBL 34



先ほどのビス穴も、キレイに埋まったようです。

その後は、クレオスの セミグロスブラック を塗装。


それにしても・・・
ビッグスケールは、色塗りも多少時間が掛かります

デカいは大変。















ハーレー FTBL 35


塗装が乾いたら、エッチング等の取り付け。













ハーレー FTBL 36


そして、デカール貼り。


端っこが、浮いたりする場合があるので
マークソフターを使いつつ、しっかり貼っていきましょう。

ただし!
マークソフターは、早く拭き取る事!

これ大事。














ハーレー FTBL 37


マフラーステーも取り付け。














ハーレー FTBL 38



そして、ここから特殊工具も登場。

メガネレンチはともかく
私が心を奪われたのは、T字レンチ!

このくらいのサイズも作れるんですねぇ・・。
プラグ交換が出来そう。
















ハーレー FTBL 39


フレームにエンジンを取り付け。

塗装しているので、なるべく剥がれないよう注意しつつ作業。
















ハーレー FTBL 40


完了。


どんどん合体していくと・・なんか嬉しい。
















ハーレー FTBL 41


という、今回の作業工程。

説明書では、6~7の項目の内容でした。


淡々と 説明書通り の作業を敢行中のハーレー製作です。





つづく





スポンサーサイト

4 Comments

「しゅんぱち」  

impulse さん

先日は、急な訪問で失礼しました。

雰囲気的に、何か懐かしいものが感じられて
とても良い時間が過ごせました。
ありがとうございました。

機会があれば、また伺いたいと思います。


ブログは、いつでも見に来てくださいませ。
たいした作品ではありませんが。

2014/01/27 (Mon) 11:59 | EDIT | REPLY |   

impulse  

どもですー

本日はお世話様でした~
怪獣シルエットのロボ
次回製作会もお時間ございましたら是非ぜひ^^

ギャラリーはちょっとづつ拝見いたしますです~
ではでは

2014/01/26 (Sun) 20:52 | EDIT | REPLY |   

「しゅんぱち」  

TKPさん

作り手側の事を考慮した内容のキットですね。

メーカーさんも色々考えているのだなと感じます。

今回のハーレーは、下地処理を怠るとモロに表面に現れる色ばかりなので
特に面積の広い場所、目立つところは、丁寧に仕上げていますよ。

「素組み」だからこそ、粗が目立ちますからね。

改造するよりも、実は大変かもしれません。






2014/01/24 (Fri) 17:26 | EDIT | REPLY |   

TKP  

大型キットだけあって、ビス、六角ボルトなどなど組付けに工夫があって楽しそうですね。
また、先日のメッキパーツを両面で固定したり、ポリキャップではめ込んだりというのは初心者やスナップキット経験者に対しての配慮かなと思いました。作りなれているモデラーなら適宜接着したりと判断すればいいわけですし。

そうそう、エンジン、フレームといった黒いパーツでもしっかりサフを吹いてから黒を吹くという丁寧な作業はさすがですね☆

2014/01/23 (Thu) 23:44 | EDIT | REPLY |   

Add your comment