「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

タミヤ ハーレー Fat Boy Lo 作ります 02





前回より続き。




ハーレー FTBL 12


サフが乾燥した後、下地を処理。

その後、ガイアの フラットブラック を塗装しました。
















ハーレー FTBL 13


次なる工程は、エッチングパーツのプレート貼り。

キットのみでは デカール指定 ですが
より、素組み でリアルにすべく、別売りパーツを使用します。
















ハーレー FTBL 14


貼り付け後。

雰囲気が出ますね。

位置がずれない様に、注意して接着。

実際は、一発目からズレるハプニングがありましたが・・
何とか修正しました。(ふぅ・・)
















ハーレー FTBL 15


続いて、ボルトの取り付け。

この部分は プラ製 のボルト。

実車もピカピカなので、このままメッキを生かして使用します。

ボルトの部分のランナーだけを、丸ごと切り離して作業すれば
接着面の メッキ剥がし や ゲート処理 も、楽に出来るでしょう。
















ハーレー FTBL 16


4か所の平たん部分を除けば、残りは突起部分に接着するので
電動リューターで、凹み部分のメッキを剥がしました。

この方が、手早く作業出来ます。


ゲート構成も、パーツ表面のメッキをキズ付けないように配慮された形で
製作側としては、嬉しい限り。
















ハーレー FTBL 17


取り付け完了。

ゲート処理した所は特に問題は無かったけれど
一応、目立たたない角度で、それぞれ付けました。
















ハーレー FTBL 18


以上。

説明書では、2番目の項目が終了。


次回へ





つづく





スポンサーサイト

2 Comments

「しゅんぱち」  

TKPさん

どもども、今年もよろしくお願いいたします。

つや消し黒は、色々なメーカーを使ってみましたが
ガイヤもなかなか良い感じですね。
色が載り易く、あっという間に吹き終わるので
時間的にも、経済的にも楽です。

質感も申し分ないですね。

18日に、ビッグサンダーさんに NS500 を持ち込みますので
お時間がありましたら、その時にでも。

ハーレーは、そのまま組んでも十分迫力あって
作り甲斐がありますよ。ぜひ。


2014/01/14 (Tue) 09:39 | EDIT | REPLY |   

TKP  

ども、近所の者です。
いまさらですが(汗)、今年もよろしくお願いします。

こちらのブログをちょくちょく拝見していますが、NS500などかなりの工作で、圧倒され放しです。今回のハーレーは素組みプラスアルファということなので、私にも取っ付きやすい内容かなと思います。
さっそく、ガイヤのつや消し黒をお使いですね。吹いた感覚や質感はどうでしたか?


NS500も実物を拝見できるのを楽しみにしていますよ。
今年はバイク模型を作ってみようかなと、考え中です。

2014/01/13 (Mon) 21:17 | EDIT | REPLY |   

Add your comment