「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

タミヤ ホンダNS500`84 製作 仕上げ編1






タイトルも 仕上げ編 とし、いよいよ最終段階へと参ります。

今回から塗装です。







NS500 84 365



他のカテゴリでも、多々塗装の仕方は書いていますので
詳細は、ここでは省きます。


サーフェィサーで下地を入念に整え、クレオスの クールホワイト を上塗り。

乾燥後、キット付属のマスキングテープを貼っていきました。

ただ新規のキットなら、マスキングはこれで十分かと思いますが
今回は30年前のキットです。

一応、歪んでいた左右の形状を、大体 対照的 に修正したつもりですが
微妙にどこかはズレていると思いますので、鵜呑みにできない所はあります。

ので、工程は増えてしまいますが
細切りのマスキングテープで貼り直しを敢行して
ラインの調整をしていきます。


この作業は、F1模型の ザウバーC30の章 でもやっておりますので
詳細はそちらをご覧ください。














NS500 84 366



NS500`84 キット付属のマスキングは
上部の赤い部分 のみ のモノです。

残りの黄色と濃紺のところは、デカールで対処されていますが
私は全部塗装をしようと思っていたので
この辺は、デカールをコピーしたものをガイド代わりにして
マスキングしていきました。

最終的には、これで良かったんですよね。
ええ、終盤トラブルが発生しましたので・・・
最小限に止めることができました。(えがったえがった)















NS500 84 367


完了の図。

時間はかかりますが、その分仕上がりに出ますので損は無し。















NS500 84 368


続きまして、塗装後の画像です。

順番で言えば、クレオスの イタリアンレッド を最初に吹いて
その次に 同クレオスの RLM04 イエロー。
 
最後に、ガイアの ウィリアムブルー16 を
理想な濃度まで調整しながら吹いていきました。

塗装後、もう少しラインがこうだったらなぁ・・・など
反省点も出ましたが、それもまた修行。













  
NS500 84 369


次に、黄色部分のゼッケンが付くところ。

ここの縁には、黒い線が入るのですが・・正直悩みました。


一度、デカールを活用しようかという予定でしたが
実際なぞってカットしていった時、ラインがヨレヨレに・・・。

キレイな線にならんことを悟った私は
この部分を塗装へと切り替えました。

結果、これで良かったんですよねぇ。














NS500 84 370



塗装するところに、0.7㎜の細切りマスキングテープを貼り
後は、それをガイドにして周りをマスキングしていきました。
最後に、塗装面のテープを剥がして準備は完了。

相変わらずマスキングが面倒でしたが、何とか期待に応えてくれました。














NS500 84 371


乾燥後は、ひたすら残りのデカール貼り。

マモラさん仕様は、いたってシンプルだったので
半日で終わりました。


その余裕が、後のトラブルの原因だったのか??














NS500 84 372


2.3日乾燥させた後、クリアー吹きへ。

ここの工程も、皆様ご存じだと思うので詳細は省略。















NS500 84 373


毎度ながら、フィニッシャーズの オートクリアー を使用。

中研ぎ、クリアー、中研ぎ、クリアー・・と
往復4回くらいでしたかね? 繰り返していくと
デカールや塗装の段差が、徐々に無くなっていきます。


画像までいければ、十分かと思います。



そしてこの後、厚吹き を敢行するわけですが
思いがけないトラブルが発生!















NS500 84 374


何とも無かったはずのデカールの一部が・・・

シワシワ になっているという


ただこの日、一回だけならまだよかった。

一つ修正出来たと思ったら、次の日は別の場所がシワシワ・・と、計3箇所と3日!


それぞれ時間差で変形し、私を苦しめたのでした













NS500 84 375



結果を言えば、全て修正出来ましたが
この当時、モデラーGPまであと4日。

カウルは、もう間に合わん・・ と断念せざるを得ませんでした。


でも、ゼッケン部分やら黒いラインやらが、もしデカールだったら・・
と思うと、これで済んで幸いだったかもしれませんね


おー怖っ。















NS500 84 376


フロントタイヤのフェンダーを除く、他のカウル類は
モデラーGP後まで放置することに。

カウル未完成だったのは、こんな背景があったからでした。


でも、元はと言えば
塗装時間に余裕な期間を作れなかった 私が悪い んです。


いまだ私の中で覚えております。
当日会場で完成を心待ちにしていた方々の、あの残念そうな表情・・・。


100万発のパンチより、かなり応えました。


反省。


さて次回は、いよいよチャンバー塗装編です。

お楽しみに。





つづく




スポンサーサイト

1 Comments

「しゅんぱち」  

よこしまさん


年内に NS500 の製作編+完成ギャラリー を載せるため
今まで溜めていた記事を、ハイペースで掲載しております。

あともう少しで完結です。

ギャラリー共々、年末年始の時間が空いた時にでも
ゆっくりご観覧ください。

それにしても、まさかのモデルグラフィックス掲載でしたね。
私の素顔も、モロ写っております。
びっくりしました。


今年のお仕事、お疲れ様でしたm(__)m

体を休めつつ、模型作りに励んでくださいね。
アミューズファンでは、募集も開始したことですし。

私は、早く次の 1/6ハーレー を作りたいです。

それでは。


2013/12/27 (Fri) 23:03 | EDIT | REPLY |   

Add your comment