「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

タミヤ ホンダNS500`84 製作 27



今回は、左側のステップ周辺を作業。





NS500 84 256


右側のステップは以前やりましたが、ようやく反対側へと。

前回同様、この部分も NSR500`84 キットより流用して
ディテールアップします。














NS500 84 257



もちろん、そのままでは合わないので加工。

シフトレバーのストローク(長さ)と
その繋がる部分の形状を、同時に修正します。


まず ↑ のようにカット。













NS500 84 258


後は、徐々に たたんで接着。

それだけ。

簡単に。














NS500 84 259


後は形を整えて、ここは大体終了。

後に、ステップ下に 六角リベット を追加しています。














NS500 84 260


続いて、レバー部。

エンジンに繋がるところは、やはり長さが合わないので
プラ棒で延長します。

その際、エンジンをフレームに仮組みして
長さを調整すること。














NS500 84 261


調整が終われば、こんな感じに。


ステーの長さが決まれば、一体化しているレバーをキレイに切り離し
そのステー先端には、新たにリベットと洋白線を追加。













NS500 84 262



こちらは、ステーより切り離したレバー部分。

中間部分の長さを調整。(金色の部分)

もちろん、これまでのパーツをすべて付けた状態で
ステップの角度など、全体をチェックしながら長さを調整していきます。

ちなみに金色の部分は
真ちゅうパイプと真ちゅう線を組み合わせたもの。

真ちゅう線のみだと
太さの関係で、プラパーツ部分の穴開け加工がギリギリすぎてNGです。

ので、外形には0.8㎜位のパイプを使い
内部には、それに合った 細めの真ちゅう線 を通しております。














NS500 84 263


NS500 84 264



上手く調整すれば ↑ のように完成です。


ただ、塗装後の取り付け方が
若干シビアになるかと思いますが・・・しょうがないですね。



ということで次回へ。



つづく






スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment