「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

タミヤ ホンダNS500`84 製作 24




大変お久しぶりの製作編でございます。

間に 「モデラーGP 2013」 への参加を挟み
長い事書いていませんでしたが、この章より復活であります。

完成まで突っ走っていきますので
よろしくお願いいたしますm(__)m


それでは再開です。





NS500 84 227


前回でエンジン部分は終り、今回はラジエーター周りに入ります。
久しぶりなので、ジャブ程度に。

まずは、↑ のホース部分から。














NS500 84 228


赤い丸 部分の先端の加工。

キットは、ダボも何も付いてない状態でしたが
私はここを固定したく、追加工作しました。

ラジエーターのホースや、他の一部には
組み付け時の遊びを考慮してか
勘合ダボが無いところが、ちょこちょこ見受けられます。

特に問題だ!・・ということでもないのですが
仮組み時に固定されていないと困ると思ったので
細かい所ではありますが、ここは加工しなきゃ!
という部分はしていきました。



で、この部分は
ストローク(長さ)が若干足りなかったので
プラ板を加工し、延長。














NS500 84 229


続いて、繋がる下段のラジエーター部分。

洋白線を追加して、差し込み式に変更。














NS500 84 230


先ほどの延長したホース先端に
洋白線のサイズに穴開け加工して、後は画像の通りに。

という、別に何の変哲もない作業。

でもここを固定しないと、上下に常にズレてしまい
後々の工作で、なかなか決まりにくくなるので
以外と重要だったりします。














NS500 84 231


続きまして本体へと。














NS500 84 232


ラジエーターキャップ。

とにかく30年前のキットは、細かいモールドや形状が省略されまくり。

キャップもただの円形で気になったので
NSR500`84 キットのモノをカットして流用しています。











NS500 84 233


このように。

とにかく今回の NS500 キットは
NSR500`84 キットからの流用を多用しています。

自分で加工するより楽なので、かなり助かりました。














NS500 84 234


そして センサー系? の追加工作。

この部分は
メーターパネルの温度計の裏側に配線が繋がるところ。

最初は資料に載っていたものを参考に
横出しタイプで加工しましたが・・・














NS500 84 235


カウルを付けた時に、当たってしまい

NG!

なので・・・














NS500 84 236


前方突出し型へと変更。

こういうタイプも有ったみたいなので
まっいいか!
と、開き直る私。














NS500 84 237



とりあえず、カウルに当たらなければヨシ!
ということで、ここは解決。


今回はここまで。


次回は、ラジエーターホースの加工作業へと移ります。





つづく







スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment