「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

2013 WTCC 観戦記 3



今回3回目は、ピットウォーク編です。

というより、ほとんどは ドライバー 目当ての章となってます。



*全ての画像拡大可

WTCC 48



前回では、ピット裏を探索していたわけですが
気がつけば、ピットウォーク の時間帯へと。

急いでピット前に移動 


旅行前には、最低でも このドライバー からサインを!!
という目標があったので、とにかく急ぎ足。


全員のサインは無理でしたが
最終的に、主要ドライバーのところには行けました。














WTCC 49



その道中、早速 目に入ったドライバーさんがおりました。

あれ?? ・・・誰も並んでいない?!


なんとも・・言葉がないのですが・・・

「セアト レオン」 ユーザーの、ゼッケン22 トム・ボードマン さんでした。

人がイッパイ並ぶよう、レースで頑張ってくださいね。


え? 私がもらいに行けって?

ゴメン!! 私には行かなきゃならんところがあるのだ。

許してくれい!! (ダッシュ)



追記: この後、何人かは並んでおりましたよ。(よかった よかった)
















WTCC 50



さて、いきなり一発目!

うちの相方さんが、特に会いたがっていたドライバーの一人

トム・コロネル さん。

さすがに人気で、長蛇の列が


握手シーンも撮ろうと思ったのですが
こういう時に限って・・・

画像処理中 というデジカメの画面 (オイ

あーだこーだ していると
後ろから流れ作業のように、他のファンが押し寄せ 退かなければならない状況

残念ながら、この一枚だけとなりました。

でもトムさん、心なしか・・お疲れモードでしたな。
顔があまり笑ってなかったね。

人気がありすぎるのも、大変なのでしょうか?





WTCC 51


ちなみに、トムさんのサインはこんな感じでした。 ↑

お疲れのところ、ありがとうございましたm(__)m
家宝にします!!














WTCC 52


続きまして、2012年チャンピオン

ロブ・ハフ さん。


我々のサインの番になった その時!

横やり が入ったわけですよ

カメラぶら下げている、左のオヤジ
いきなり割り込んで、サインを貰っていたけど

公私混同は許せん!

こっちは並んで待っていたのだぞ
マナーを守りなさい

あまりこういう事は、ブログに書かない私ですが
この時は、さすがに相方と一緒に怒りましたよ

ちょっと気分を害されましたね・・。

こういう事もあり
スミマセン ハフさんの印象が薄い!!

憤慨していたので、あまり覚えていないっス


あっ! でも ハフさん は、良い人でしたよ。

チームカードくれたし











WTCC 53


先ほどは失礼しました

気分を取り直して、次は RMLチーム へと。













WTCC 54



・・・。


はい 次ぃ~

とでも言いそうな表情の イヴァン・ミューラー さん。

正直 かなり無愛想 でした

事務的に淡々と・・・。


もう少し、営業スマイルでも良いから
笑ってほしかったですな












WTCC 55


かたや、対照的だったのが トム・チルトン さん。

見て下さい。この 目力 。

相方曰く、スゴク笑顔だったらしいのですが
撮影した角度で見ていた私にとっては、あまりそう見えなかった

特徴的な目の形をしていますからねぇ~チルトンさん。

画像越しでは 応援よろしく! って感じの表情です。


ちなみに、私達にサインする前に チルトンさん
後ろに立っていたキャンギャルのお姉ちゃんに、振り向きざま腕時計を見せながら

これ、いつまでやるの??

という感じで話しかけていましたが
突然の行動に、お姉さん アタフタ して何も答えられず。

ああ・・ゴメン。なんでもないわ(苦笑)

というジェスチャーをしつつ、再びサインを開始。
その後の表情が ↑ の画像だったわけですが、切り替えが早いですね。

ある意味プロでした。















WTCC 56



つづきまして、ラーダ スポーツ のガレージへ。

この方が、ジェームス・トンプソン さん。

ジャック・スパロウ と言われている由縁が、画像を見て分かると思います。
おヒゲを蓄えた、イケメン です。

この時は、私自らサインをもらいに行ったのですが
テレビに出ているドライバーが目の前にいると・・・

年甲斐もなく 緊張します。

思わず ヘコヘコ してしまって・・ (カッコ悪ぅ


サインをもらった後、ニコニコ顔で見直したのですが
トンプソン さんの年齢のところを見たら・・・

私より年下だったんかい!!

という、衝撃の事実。

ずっと年上だとばかり・・・。
まぁ別に、そんなのどうでもいいんですけど

サイン入り チームカードを、ここでもいただきまして
アザっス!!

応援しておりますよ!















WTCC 57



さて、いよいよ HONDA 陣営へと。

こちらが カスタマーチーム の ゼングー・スポーツ のガレージ。

前回のパドック裏では、寂しい感じでしたが
表はこんな感じでした。

1台体制だから、意外と狭く
また、簡素化したピット内でした。


車の屋根に乗っかっている TAXI の置物は
遊び心?












WTCC 58



そしてこちらが ノルベルト・ミケリス さん。

前回も書きましたが、時折ワークスを凌駕する速さを見せ
めでたく!この鈴鹿の レース1 で優勝した人です。

オメデトウ! そしてありがとう。
結果的に、ワークスが鈴鹿で不調だったから、あなたの優勝は大きかった。

その9:1分けの髪型が、いかしてますよ













WTCC 59



そして、HONDA ワークスへと。

見て下さい この人だかり! 

さすが地元です。

参加チームの中で、一番人気だったのではないでしょうか?


ここに並んだ時点で、ピットウォーク も残り10分を切っておりまして・・・
時間的に、もうどちらかしかサインは貰えん状況でしたが
我々の答えは、すでに出ていました。


いざ!エースの元へ!


ごめんよ モンテイロ さん。
でもピット裏で写真撮れたから・・。















WTCC 60
(相方撮影)


どんどん前へ進むと・・・

いました!  ガブリエルおじさんです!!














WTCC 61
(相方撮影)


80年後半~90年前半のF1を知っている方は、説明不要ですね。

正直、実力はありながらもチームに縁が無かった ガブリエルおじさん。

F1の成績は、残念ながらパッとしませんでしたが
ハコ車に舞台を移すと、実力は一気に開花!

見事トップドライバーへと躍進しました。

そして今年2013年。
51歳という年齢ながら、いまだ第一線で活躍中!

HONDA に来てくれて、うれしかったですねぇ













WTCC 62



そして この素敵な笑顔 。

相方もメロメロ。

サイン貰った方々の中で、一番良い表情をしておりました。

とても良い人だぁ!!

相方がサイン後 "thank you"  と言えば
ガブリエルおじさんは "アリガトウ"  と日本語で答えてくれました。

そして私も " Forza! (フォルツァ) " とイタリア語で言えば

イタリア出身のガブリエルおじさんは " Grazie! (グラッツェ) " 
と返してくれました。


初めてイタリア語での応答が成立した瞬間!

感激ですよ。そりゃぁ

今後も HONDA の力になってください。
応援してます。


ちなみに、T-シャツのロゴが気になっていたのですが

箱車の達人 って書いているっぽいですね。

・・・あのT-シャツ、欲しいなぁ






WTCC 66


ちなみに、左が ガブリエルおじさん のサイン。
唯一カーナンバーまで入れてくれました。

右が ミューラー のサインです。(呼び捨て?)


というところで、ピットウォーク もタイムアウトとなりました。

あっという間の " 至福の時間 " 。
いや~、えがったえがった








WTCC 63


早い所は、もう片付けが終り車のチェックに入っていました。

ちなみに ↑ は、トゥエンティ・レーシングチーム

カーナンバー74は、若干19歳の ぺぺ・オリオラ 選手のシボレー。

今回の鈴鹿は・・・ペナルティーだらけで散々でしたね。

でもまだ若いから、これからを大いに期待しておりますぞ。














WTCC 64



こちらは、ロブ・ハフ 選手の セアト。


他のチームガレージも撮りたかったのですが・・・。残念ながら時間が・・・。












WTCC 65



という、今回初体験の ピットウォーク でした。


このように
世界選手権ながらも、比較的色々なドライバーに会えるので
良ければ、皆様も観戦しに来てはいかがでしょう?(観戦代もお手頃だし)

面白いですよ。














WTCC 67


ピット裏に戻り、HONDA のガレージ裏を通ったら

バンパーの次は 今度はドアかい?! 

サービスが凄いのぉ・・・HONDA さん

でもモデラーの性で、思わずパチリ・・。(ハァ



次回は簡単に レース編 です。



つづく






スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment