「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

タミヤ ホンダNS500‘84 製作 18





経年の金型の変形による、大幅なパーツ修正。
他キットや、市販パーツの流用。

これだけでも、ライトな製作内容では無くなった状況の NS500‘84 。


なんか・・ここまで来たら行けるとこまで行くか!
という、半ばヤケクソ状態でお送りしている、当ブログであります。


もはやフルディテールの域


その中、最もやりがいのあるところ・・・
エンジン周りに、今回入りまする。







NS500 84 148



知り合いの方からお借りしております 「レーサーズ」 。

そのおかげ (せい?) で、色々見えてくる
ディテールアップの箇所。

実車通りの完全な形状の再現は厳しいので
「まぁ、こういう感じだよね。」  という雰囲気で製作します。

まずはクラッチから。














NS500 84 149



いきなりの、改修後の画像です。


中心部分の周りのモールドに、少々手を加えました。(白い部分)

適当なサイズの 「切れてるプラ材」 を2枚使用。
それをドリルで穴を開け加工し、削ったボルトモールドの代わりに
T2M 製のリベットを埋め込み。

また、BMCタガネの0.9㎜を使い
クラッチ周りを均等に開口。

最初は内部のクラッチ板も、モールドを彫って再現しようかと考えましたが
フリーハンドではヨレそうだったので、結局、別体で分けることに。

そして、これらの作業中
周辺のボルトモールドが一緒に削れてしまったので
最終的に、金属パーツに置き換える羽目になりました。














NS500 84 150


別角度。

ひさし部分を、このように彫りましたが・・・いいのかな??これで?

自信無し。














NS500 84 151



内部のクラッチ板に当たる部分。

切れてるプラ材と、足りない分はプラ板を加工して追加。

間に 0.14㎜ のプラペーパーを挟み、ハンバーガー状態に。














NS500 84 152


先のクラッチの外装と合わせると、こんな感じになります。

厳密に言えば、微妙に形状が異なりますが
こういう細かい所は、雰囲気重視でお願いします。


ん~・・クラッチ板のプラ板は、もう少し薄いものでも良かったか??

課題ですな。

まだまだ甘いぞ! 「しゅんぱち」 君。


クラッチは以上。















NS500 84 153


続きまして、隣のパルサーコイル。

こちらも・・・














NS500 84 154


このように、配線とリベットを追加して
それっぽくしてみました。


配線は・・もう少し細い方がいいかも・・。
でも、これより細いカラー配線って、見かけないんだよなぁ。

まぁ、ここが塗装後どういう感じに見えるか??

このディテールで良いかどうかは
その時にでも判断します。


課題その2。

ふぅ~。















NS500 84 155


今回のパーツを合わせると、こうなります ↑ 。

全体で見ると、個々のパーツの詳細が
あまり気にならないのが不思議。

単品だと気になるけど・・・。














NS500 84 156


キットでは、かなりモールド類が省略されているので
情報を、ある程度増やすと良い感じになりますね。


ひとまず右側は終了。

次回は左側に移行します。


左は、あんなパーツまで再現してみました。(多分・・初??)

お楽しみに。





つづく




スポンサーサイト

1 Comments

「しゅんぱち」  

よこしまさん

クラッチも、ここまでやってしまいましたが
後で作り直しました。

反対側も、そんなとこを自作したかい??
状態になっていますので、お楽しみに。

FW14 頑張ってください!



2013/09/06 (Fri) 22:42 | EDIT | REPLY |   

Add your comment