「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

タミヤ ホンダNS500`84 製作 03






NS500 84 12


リア部分を組んでみました。

コムスターホイールは
キット付属の、新規パーツの17インチをそのまま使用。

ここで最も見ておきたかった部分が、ブレーキディスク。


Dutch TT でのマモラ仕様のブレーキは、キットのモノではなく
どうやらNSR500`84に近い仕様みたいです。

ちなみにフロントは、穴開きタイプ。

そこで、このままNSR500`84のパーツがポン付け出来るかと・・・
思ったのですが、リヤ側は外周が若干小さい。(残念)

なので、加工をすることにしました。














NS500 84 13



比べると、二、三回りくらい足りないかな・・と。














NS500 84 14


さて、どのように加工しようか・・少し悩んだのですが
なるべく簡単に出来る方法を模索したら
市販されている 「切れてるプラ材」 で良いモノを発見。














NS500 84 15


ちょうどピッタリ!

合わせ目を瞬間接着剤で丁寧に消せば
後は、削るだけで何とかなりそう。

厚みが若干合わないものの、気になるほどでもないので
とりあえず、そのままいきます。












NS500 84 16


元のキットを上手く中心で合わせ
外周を測ります。

私は、ちゃんと中心点が合っているか確認を怠ったため、若干のズレが・・。
加工後に余計な手間をかけることになってしまいました。

油断大敵。














NS500 84 17


キットの外周に合わせ、出来るだけ丁寧に大まかにカット。

その後は電動ツールを使い、様々なヤスリを駆使して
外周を整えていきました。


フリーハンドでは、キレイな円は出ませんからね。














NS500 84 18


作業後。そして仮組み。

ニッシンブレーキキャリパーと大体上手く合ったかな・・と。

オフセットもどうなるか、気にはなりましたが
どうやら、このままでいけそう。


よし! 今回は、このくらいで許したる!


欲を言えば、このあたりの詳しい資料が欲しいところだけど
まぁ、いいかと思いつつ
次回へ。






つづく




スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment