「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

フジミ ザウバーC30 日本GP こう作ってみた 19



今回はタイヤ、ホイールです。




ザウバーC30 251


仮組みをした時に、気になった部分。

ピンで差し込むタイプでしたが・・
タイヤが、やけにガタついてイマイチ不安定。

もう少し何とかしたい!
ということで、ここもビス固定に変更。

結果的に言えば
私のやり方では、まだ若干ガタついていたので完璧とは言えませんでしたが
キットのままよりは、まだマシ! という程度で、少し紹介します。















ザウバーC30 252


模型店で見つけた、これ ↑ を使用。
AセットとBセットの2種類があります。

ただ、この部分でどっちを使ったかは・・忘れました

スミマセンm(__)m








ザウバーC30 253


ホイール側を加工します。


手持ちのビス径では、そのままだとスカスカなので
↑ のプラ材を2枚重ねでセンターを一旦塞ぎ、改めてビス穴を開口し直しました。














ザウバーC30 254




続きまして、アップライト部分にある突起物。








ザウバーC30 255


カットしました。

カットをすることで、オフセットなどに影響があるんじゃないか??
と思うかもしれませんが、特に何も影響しませんので。



ちなみに
キットのままだと、この突起部分とホイール裏の突起が衝突。
そりぁ・・足回りがガタついても不思議ではないですね。

どういう意図で設計したかは分かりませんが
もう少し・・何とかしてほしかった部分の一つです。














ザウバーC30 256



アップライト側のセンター部分にも、プラ材を詰め込み
ビス穴を開口。

これで、ビスを通して様子を見ながら調整しますが・・
私の場合、どうやら少しセンターがズレたっぽいですな

見た目の影響はありませんが、気持ち的に・・なんか。


あと
ビス穴を開口する際に、斜めに掘ってしまうと
組んだ時、キャンバー角に影響が少々出ます。

そうなった時は
タイヤを回して、良い角度になった所で固定すると良いでしょう。














ザウバーC30 257



ホームセンターで購入したビスを差し込んでみます。














ザウバーC30 258



そうすると、このようにカッチリ固定します。


ビスで足周りを固定すれば
全体の角度の調整が容易になると思います。


後半は次回。




つづく





スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment