「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

フジミ ザウバーC30 日本GP こう作ってみた 16



ザウバー製作編 久々に再開です。

大っっっ変! お待たせしました


「やっとかい」・・という声が聞こえてきそうです。スミマセンでした。

それでは、参りやしょう (^_^;)






ザウバーC30 229


今回はリア部分です。


↑ の画像は、何時ぞやに載せた 「プッシュロッド」 です。
確認ですが、後付け対策として分割しております。















ザウバーC30 230


ここから本番ですが
ブレーキダクトとアップライト部分。

内側のフィンを薄々に削っています。(あまり目立ちませんが・・)

それ以外、形はイジっておりません。



ただ・・

完成した後で気が付いたのですが
リアの 「ブレーキキャリパー」 の位置。

キットのままでは、フロント同様 「後ろ側」 に付いていますが
実は、実車の位置は 「斜め下」 に付いております。

ホイールを付けてしまうと、言うほど気になりませんが
気になる!!
と思った方は、多少改造が必要ですが
頑張って位置を直してみて下さい。















ザウバーC30 231



形状こそイジっていませんが、追加はしています。

ダクトの上に、プラペーパーでフィンを追加しました。

そのくらいですね。














ザウバーC30 232



さて、アライメントに目を向けましょう。

仮組みした時に、かなり気になったのが
リアタイヤの 「トゥー角」 です。

そのまま組むと、タイヤが内側に入った状態になります。
つまり上から見た時に、 若干 「ハノ字」 で固定されてしまう・・。

フロント側のアライメントを変えたこともあり
面倒だけど、リアもビス止めに変更。
アライメントを見直すことにして、ついでに車高も下げました


なので、画像のダボは使いません。












ザウバーC30 233




アッパーアーム側のダボ穴を、延長開口します。

キャンバー角での位置関係の範囲を、広げるためです。















ザウバーC30 234


突起があった部分を利用し、その位置にビスを打ち込み。

「精密ビス」 を使用。ビス径は1.4㎜のものです。













ザウバーC30 235




左右ともに、同作業を。

アームに白いプラ板が追加されていますが
ビスを締め込み過ぎたため、開口部分の縁が割れてしまいました。

その補強です。

注意しましょう。




次回につづく




 
スポンサーサイト

1 Comments

「しゅんぱち」  

よこしまさん

マクラーレン完成お疲れ様でしたm(__)m

出来がどうであれ、あのメッキシルバーボディを仕上げられたのですから
かなり技術的に身に付いたのではないでしょうか。
私も、いずれは挑戦したいですね。

現在、作例用のRB6製作の真っ最中。
ゼロから作る自作パーツは、試行錯誤の連続・・
思ったより進んでいません。(ヤバい!!)

ブログも放置しかかっているので、なるべく書くようにしていますが・・
とりあえず、可能な限り頑張ります!

お互い、身体には十分気を付けましょう。

2012/12/22 (Sat) 00:11 | EDIT | REPLY |   

Add your comment