「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

最近の休日と近況




ここで少し息抜きを。

たまには、模型以外の内容でお送りします。






ライヴ 01


ここ最近、イベントへ出かけることが多かった私。

もう2週間前になりますが
「B`z」 ライヴにも行って参りました。

今年も仙台に来てくれたB`zですが
今回のライヴは開催1週間前に急遽決まったもの。

北米ツアー直後の、日本追加公演4か所という事で
チケット取得の倍率は、かなり厳しいと予想していました。

いつもなら早い者勝ちですが
今回は緊急だったためか、抽選と言う形に。

それでも、たった4か所しかないわけですから
チケットが当たったら儲けもの・・とあまり期待していませんでした。

が!

奇跡的に当選してしまったわけで・・

しかも会員枠でなく、一般応募枠での当選という
逆ミラクルを起こすというおまけつき。

その後、あわててスケジュールを変えたのは
いうまでもありません。















ライヴ 03


これが座席券ですが、今のシステムはスゴイもので
当日の会場じゃないと、座る場所が分からないんですよね

過去にプロレスを何回か見に行ったときは
自分で座席を選べたわけですが・・
こういう所も、知らない間に進歩しているのですなと
つい感心してしまった中年がここに一人。















ライヴ 02


緊急に決まったこともあり、看板やポスターは無く
あるとすれば ↑ の画像で見られる張り紙くらい。

それでも人だかりは半端なく
やはりメジャー級はスゴイと再認識しました。

もちろん、ライヴは楽しんでまいりました。

ただ・・
隣の席の方の盛り上がりが半端なく
ライヴが進むにつれ、手拍子もダイナミックになり
私・・何回かエルボーを食らいました

しまいには ローリングエルボー でもされるのかと!!

と、オーバーに表現するくらいの盛り上がり。

また来てほしいですな。
今度はチケットが当たるかは分かりませんが。















定義 01


場所は変わって、宮城県にある 「定義山」 という所です。

何か今年も秋を通り越して、そのまま冬に突入しそうな勢いですが
紅葉が見れる時期となりましたので、最近行ってきました。














定義 02


先のライヴの雰囲気とは真逆の
何か落ち着いた感じの境内です。














定義 03


少々風も強く、寒かったわけですが
それでも・・心が洗われます。

今後も良い作品が出来ますよう、祈願もしてきました。














定義 04


コイも十人十色。
たくさん泳いでました。

それにしても、君らは水の中は寒くないのかい??

という、くだらない疑問をコイに投げつつ
良い休日を過ごさせていただきました。















RB6 テスト 01


さて、私の近況です。

ブログ内では 「ザウバーC30製作編」 を展開しておりますが
その裏で、作業している次なるキットでございます。

↑ の画像を見たら、一目瞭然ですね。

私も例外ではなく、タミヤの新作であります 
「レッドブル RB6」 のテストショットを製作させていただくことになりました。

しかも今回は、怒涛の2台製作!!

一台は、お店の販促用として展示する 「ほぼ素組み」 バージョン。
もう一台は、作例です。












RB6 テスト 02
(画像クリックで拡大)




お店の展示用は、キットの販売前までに完成予定。


実はホビーショー開催前に、店長さんに嘆願しておりました。
テストショットよろしく!・・と。

ただし、製作条件は 素組み で! という事で。


なので、基本作業(合わせ目消し、ゲート処理など)と、若干の薄々攻撃。
そして、丁寧な塗装。

それだけでも、カッコよく仕上がるんだよ!! 全然難しくないよ!
という作品になればと思っております。

ビッグサンダーさん店舗内にて展示予定。

ちなみにこちらは、「マーク・ウェバー仕様」 となります。















RB6 テスト 03
(同じ)



もう一台は作例です。(↑ の画像は展示用のものです)


お仕事をいただきました。
そして、どう作るか悩んでます・・

完成度が高いタミヤなので
多分、他誌との差が出にくいと予想してます。

外部をイジるか? それとも禁断の内部大改造を施行するか??

両方の改造は期間的に厳しいので、どちらかになるでしょう。

締切に間に合う範囲内で頑張っていこうと思いますので
皆さま、温かい目でよろしくお願いします。

こちらは、もちろん 「セバスチャン・ベッテル仕様」 で。



最後に、私の個人的な 「RB6」 キットの感想を。(テストショットですが)

模型メーカーによって、これだけ組み方が違うのか?!
ということが実感できると思います。

また、「エイドリアン・ニューウィー」 による
現代F1の空力デザインの凄さ、奇抜さが、このキットで目の当たりに出来ます。

ここまでやるか?!
という内容を実際に手に取り、製作しながら味わってみて下さい。



休日の話が・・模型話で締めくくってしまいましたな




スポンサーサイト

3 Comments

「しゅんぱち」  

よこしまさん

ん~・・・やはり難しそうですね。マクラーレン・・。

しかし!
可能な限り諦めずに、自身のスキルにチャレンジしてください!

きっと、その極限状態で、また何かが宿って・・
素晴らしい作品に生まれ変わるかもしれませんよ。

私が 「トヨタ TF109」 製作で経験したように。

レッドブルは、何とか順調です。
無理せず頑張ります。

お気遣い、ありがとうございますm(__)m

2012/11/10 (Sat) 17:23 | EDIT | REPLY |   

「しゅんぱち」  

Re: RB6

トマソン さん

B`zのライヴは、エネルギーを貰った・・というより
搾り取られた感があります。最後はヘロヘロでしたから・・。

それにしても、ローリングエルボーで反応するあたり
トマソンさんもプロレスを知らないわけでは無さそうですね(笑)
エルボーかわして、ハーフネルソンスープレックスへと・・なんてマニアックな話はともかく
ライヴは、それほどの熱気でした。

紅葉も見頃ですね。鳴子と松島は、しばらく行っていないので
機会があればまた訪れたいと思ってます。

あと、トマソンさんのブログにコメントしたサプライズ作品は
まさに 「RB6」 です。
出来れば、キット販売前には展示したいと思っているので、見に来てください。
もちろん、完成したらお知らせいたしますよ。

最後に作例ですが、掲載する誌面は 「F1なんちゃら・・」 です。
来年の掲載予定ですが・・今回も難題ですね。
自信はありませんが、ある程度読者に納得できる作例に出来ればと思ってます。

私も長文になりましたね。
それでは。

 

2012/11/06 (Tue) 09:34 | EDIT | REPLY |   

トマソン  

RB6

こんばんは。

B'zのLIVEとはかなり熱いエネルギー貰って来たんじゃないですか?

ローリングエルボーに笑ってしまいました。「しゅんぱち」さんのプロレス好きが垣間見えました。

宮城県は今が紅葉真っ盛りですね。鳴子も10年に一度の素晴らしい紅葉らしいですよ。「しゅんぱち」さんの近所の松島円通院の紅葉ライトアップも見頃じゃないですか?今年も行ってみようかと思ってました。

さてさて、前置きが長くなりましたが、ビックリするのってRB6ですか⁇
発売前から作製出来るなんて幸せですね~ひょっとして発売前にビッグサンダーに展示なんて事があったりして⁈

とにもかくにも、「しゅんぱち」さんのRB6の完成品楽しみに待ってますので、展示される時には教えて下さい。

作例はどの雑誌に載るか楽しみですが、ぜひ内部の臓物を弄ってみて下さいよ。
プロポーションはタミヤだけにあまり弄るところ無さそうですからね~。
でも最近のエンジンも配線、配管が表に出なくてスッキリしてますからね。

ではでは、長文になりましたが、「しゅんぱち」さんのこれからの活躍期待してます。

2012/11/05 (Mon) 21:58 | EDIT | REPLY |   

Add your comment