「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偶然・・か?





普段、あまりF1の事を書かない私ですが
さすがに今回ばかりは、自然と触手がPCへと。


それぞれのサイト、ブログ、ニュース
可夢偉選手の3位表彰台で、かなり盛り上がっていましたね。

当日、私は携帯のモータースポーツサイトで結果を知りました。
「コメント実況ライヴ」 というものですね。

私の住まいはBSが見れませんので、生映像でその瞬間を目の当たりに出来ませんでしたが
その日のうちに、お店の店長さんに無理を言って録画したレースのダビングを頼み
次の日にようやく観れた・・という状況でした。(店長さんありがとう!)


それにしても、04年の佐藤琢磨選手のアメリカGP表彰台から8年
(え?もうそんな前でしたっけ?)

90年の亜久里選手の鈴鹿表彰台に至っては、実に22年
(そんなに経ちますか・・ああそうですか

90年といえば、ちょうどF1にハマった頃で当時は学生。
そう考えると・・私も老けたのですなぁ。

それはどうでもいいとして
とにかく可夢偉選手

3位おめでとうございます。








F1 01
(*画像クリックで拡大します)




ここ最近は、可夢偉選手のマシンを連続して製作していた私ですが
こと、ザウバーC30に至っては
タイミングが良いというか何というか・・。

作例が載った本の発売が、ちょうど時期的に日本GP前後で
その時に3位表彰台というスゴイ結果が。

また同じ時に
ちょうどお店では、TF109、C30と可夢偉選手のマシンの作品が展示していましたので
これも、ある意味何と神がかった偶然なのか?!



人生何があるか分かりませんな。













F1 02
(*同じく)




今後気になるとすれば
3位の結果を残した 「ザウバーC31」 が、果たしてキット化されるのかどうか。

過去に、それぞれ表彰台に上がったマシンの
1/20スケールのプラモはありませんでしたので、どうなるか??

一人のF1模型ファンとして、見守ろうと思います。



今回は、私事な内容でスミマセン。

次回は再び、C30の製作編をお届けします。
お楽しみに。




スポンサーサイト

- 1 Comments

「しゅんぱち」  

よこしまさん

やはり、前年出したから・・という理由ではなく
良い結果として残ったマシンなら、キット化されるべきですよね。
多くのファンは、それを望んでいますし。

例の件の予定、了解しました。
私もそれに合わせます。よろしくです。

2012/10/10 (Wed) 10:00 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。