「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

RG ガンダムMk-Ⅱ を作ってみる 02



RG マークⅡ 07



実際作っていくと、なかなか思うように進まない
相変わらずの 「しゅんぱち」 さんです。


さて、一度組み立てた後に色々と気が付くことがありますが
今回は、その部分の小変更をしていきました。




まずはガンプラで一番目立つ 「顔」 部分ですが
このままでも十分良いかと思います。

ただ個人的に、微妙にではありますが
もうちょい・・こうなった方が良いかなぁ・・
という欲がありましたので、ほんのちょっとイジりました。













RG マークⅡ 08


画像の部分 ↑

赤い線のところは、もう少しなだらかな曲線に。

黄色の○の部分は、ほんのちょっと削って
気持ち幅広く。














RG マークⅡ 09


ホントに微妙な変更ですが、自己満足・・ということで。

この部分のパーツは、2つ付いているので
変えたらどうなるか、一度試作できるのが幸い。

失敗したら、もう一つあるわけですから
それでカバーできます。


面白かったのは
この部分を、場所によってちょっと変えただけでも
顔全体の印象がガラっと変わる事。

実は私、一度失敗しました

あれこれ削っていったら
イメージからドンドンかけ離れていってしまって・・撃沈

今回の画像のモノは、2度目に施行したモノとなってます。














RG マークⅡ 11


施行後の顔パーツを一度付けてみて
確認した後、塗装のため再びパーツをバラしていきます。


実は、ここからが地味な作業の始まり。
精神的な苦痛を受けることになりましたとさ。













RG マークⅡ 10


お店で偶然見つけたツール。

ハメたパーツを、バラす時に使うモノ。

とても助かったアイテムでした。

たまにキツくて、外れにくい箇所ありますからね。
今後も重宝します。















RG マークⅡ 12


組んだ時に気になった部分の一つ。

足のスネのフレームのところ。(シリンダーが付く横側の部分)

パーツ同士の勘合するところですが
穴が開いたままになります。

外装で見えにくくなりますが、完全に隠れなかったので
市販パーツを使って埋めました。














RG マークⅡ 13


私は、このようにカバー。














RG マークⅡ 14


右手の部分も、同じように埋めました。

私は、この穴は使わないので・・。















RG マークⅡ 15



これらの作業は
パーツのゲート処理などの基本処理をしつつ、同時に敢行してますが・・


とにかく細かいし、多い!!


そのパーツの量たるや



塗装を考えると、マスキングの手間が省けるというものの
1/144スケールとは思えない細かいパーツ群。

あまりにも多いので次回へ持越し。






つづく







スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  まとめtyaiました【RG ガンダムMk-Ⅱ を作ってみる 02】
  • 実際作っていくと、なかなか思うように進まない 相変わらずの 「しゅんぱち」 さんです。 さて、一度組み立てた後に色々と気が付くことがありますが 今回は、その部分の小変更をしていきました。 まずはガンプラで一番目立つ 「顔」 部分ですが このままでも十分良い?...
  • 2012.05.23 (Wed) 18:32 | まとめwoネタ速neo