「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

RG ガンダムMk-Ⅱを作ってみる 01




RG マークⅡ 01


よくよく考えてみると、ガンプラも久しぶりの 「しゅんぱち」 さん。

RGシリーズのザク以来でしょうか。

とりあえず、F1模型より内容は薄いですが
観てやってください。











RG マークⅡ 02


まずは、一通り組んでいく工程。

模型誌でもすでに製作が掲載されてますが
実際に組んでいくと、誌面では気が付かなかった部分を発見することも。

なので仮組みは、どのジャンルでも大事。

今のガンプラは、基本的に接着剤要らずのスナップキットなので
一度、完成状態が見れるのは強みですね。

そこらへんは助かります。














RG マークⅡ 03


そして私が実際に組んで行ったとき、驚いたパーツが ↑ です。

マークⅡの特徴の部分である、足首のシリンダーパーツ。

1/144で稼働することもスゴイのですが
何より出荷段階で、このパーツ同士がすでにくっ付いていることに驚愕!!


いやいや・・ガンプラ 恐るべし!!

どういう手品を使っているのか・・
製造工程を観てみたいものです。

しかし、私はこの部分
早速イジってしまいました。















RG マークⅡ 04


せっかくのシリンダー。

あのグレー色のままだと、もったいない気もするので
下部のパーツを真ちゅう線に交換しました。

大体の方が実行しているこの工作ですが
メッキに塗装する方法もあります。

しかし、可動する部分なので
上部のパーツとのスライドする隙間がツラツラということもあり
何回も動かすと、最悪、色が剥げる可能性もあります。

ので、金属線に変えた方が無難。

色を塗る手間も省けるし、見た目リアルになるし。

ちなみに、私の場合は1.5㎜の真ちゅう線を使用。

可動ストロークはキットのまま。
カットして残った部分は、バンプラバーとして自己設定しました。















RG マークⅡ 05



仮組み途中の図。

今回、シリンダー部分もあるせいか
内部フレームを組んでいるとガンプラ・・を作っているというより

ターミネーター を作っているんじゃないかと錯覚してしまうのは

私だけでしょうか??


相変わらずRGシリーズは、ポリキャップ要らずの構成。

スゴイねぇ・・。














RG マークⅡ 06


そして完成・・

じゃないよ!! 


そう言いたくもなるこの完成度。(一部、付けていないパーツがありますが・・)


いやいや、このままでも十分カッコいいじゃないですか 。



しかし私の模型工作室では、これからが本番。

完成状態を目の当たりにして、大体の構成を把握し
塗装準備へと移行します。

今回の塗装の色ですが・・まだ決めてません

ベタなモノになる可能性もありますが
とりあえず、やれるだけやってみようと思います。




つづく




スポンサーサイト

1 Comments

「しゅんぱち」  

よこしまさん

TF109の拍手数は、私自身も驚きの数でした。

何気なく始めたTF109製作でしたが
これほど注目されていたかと思うと・・今後の励みになります。
ありがたいです。

マークⅡは、期待せず観てください。
今も、あまり良い色が浮かびません・・。
やるだけやります。

ところで、101が完成したという事で
画像を期待して待ってますので、よろしくです。

2012/05/21 (Mon) 14:06 | EDIT | REPLY |   

Add your comment