「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

モノポスト製 TF109製作 カウントダウン 2




小物パーツを付けていきます。




モノ TF109 263



ブレーキダクト付近に付く、フィンやら何やら。

方眼マット上にて、なるべく左右対称になるよう
上から見たり、横から見たりしながら、慎重に取り付け。


ここは、特に難しい事もなく終了。














モノ TF109 264


ノーズ付近のパーツ類。

ノーズ先端の 「ダミーカメラ」 のパーツの位置が
微妙にズレていた。
やはり、仮組み時と本番は違う・・。

片方の穴の位置を少し掘り直して
なんとかズラしに成功。


他のパーツは、特に無し。















モノ TF109 265


インダクションポット上の車載カメラ。

以前から仮に付けていて、特に問題も無いようだったので
完全に接着しました。















モノ TF109 266



今度はサイドのインテーク付近。

バージボード、その上のギザギザフィンを取り付け。

この場所から、徐々に緊張してまいりました。


位置や角度に注意して取り付け。


ギザギザフィンの左右の位置が、若干ズレていたので
ここは、フィンの方の穴をズラして掘り直し再調整。















モノ TF109 267


そして、ミラーです。

実は、ここが一番厄介でした。






モノ TF109 268


ちなみに、私がミラー面に使っているのが
↑ のタミヤのディスプレイケースに付いてくるシール。

その余白部分を使用してます。

粘着も強いので、毎回好んで使ってます。















モノ TF109 269


さて、キットのままの状態で一度付けたものの・・

次の日に確認したら、両方のミラーとも1.5㎜位下がっておりました。

ある程度、付けてから嫌な予感はしておりましたが
案の定というか、付け根部分の接着面積が小さいため、どうしても垂れ下がってしまう。

おまけにパーツ自体、重いメタル素材なので
いずれにせよ、耐久面からみても長くはもたないでしょう。
(ミラー自体の形状もあるが)

なので、一回外してやり直し。
見直すことにしました。















モノ TF109 270


付け根部分を見直すと同時に
ミラー全体の角度も低いなぁ・・と感じていたので
これを機に角度修正も敢行。















モノ TF109 271


0.5㎜のプラ版を使って、付け根部分を急造。

付け根の形に穴を開け、接着面がツラツラになるよう差し込み。接着。

現物合わせしていくので、プラ版は適当な大きさでカット
そして成形していきます。















モノ TF109 272


そして、成形後。

あとは筆で急造部分に塗装し、完成。


実は、実車の付け根もこんな感じになっております。
最初からやらなかったのは・・単なる私の面倒くさがり。

怪我の功名。















モノ TF109 273


取り付け後の図。

付け根の接着面積が広くなったので、今度はカッチリ付きました。

垂れ下がる心配も無くなり、一安心。


以上、ミラー部分終了。















モノ TF109 274


サイドの整流版は、まだ仮組み状態で
最後の方で本付け予定。


それ以外の、ボディ関連の小物パーツは取り付け終了。
(後は、アンテナとホイールカバーか)


残すは、メインの前後ウイングのみ!


もうひと踏ん張りだぁぁぁ



そして次回、長かったTF109製作も最終回となります。
長かった・・ホント長かった (泣)

いや待て・・長すぎだな
掛かり過ぎだよ・・私。




次回、完結!


つづく



スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment