「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

モノポスト製 TF109製作 ラストの章 016 ブラシライン塗装に挑戦!!




モノ TF109 98


トヨタF1のカラーリングの特徴である 「ブラシライン」 。

塗装でやろうと思いつくことはあるかもしれないが
実行しようとする人は、果たして何人いるのか・・。

多分、ほとんどいないことでしょう。(いたらいたで、それはスゴイ!)

大体であれば 面倒くさい

この一言に尽きます。

しかしながら
無謀にも、それをやろうとしている輩がココに健在。


まったく参考にならない製作工程が、ついに始まります。

果たしてどうなるか・・。

期待せずご覧ください。











モノ TF109 100


第一段階です。


今回の作業では、通常のマスキングテープではなく
画像の 「モデラーズ製 ハイテクマスキングテープ」 を使用します。

ちなみに、このテープの素材は 「塩ビ製」。

簡単に言うなら、少し硬めのビニールテープのような感じで
今回の「ブラシライン」のような、複雑な形状をした部分をマスキングで成形するには
まさにピッタリのテープです。

理想の形状になるまで、何回かカッターで縁の部分をカットしていくので
通常のマスキングテープだと、カッターを入れていく度に
縁の部分が段々と毛羽立っていくと思われます。

ので、これを使用することにしました。

ただ
このハイテクテープも、素材が「塩ビ製」のため少々厚いです。
なので、重ね貼りには適さないと思います。

あくまでも、形状を成す部分のみに使用していきます。











モノ TF109 99


色々やり方を試しましたが
最終的に、現車に合わせながら形状を作っていく事にしました。

その方が確実。

ある程度の形状は、資料を見ながら把握していきます。

大きさは最初は大まかに。
徐々に合わせていくという感じに。


もちろん、あの複雑なブラシライン。
100%完璧な形状の再現は不可能なので、可能な範囲で・・。

ご了承くださいませ。











モノ TF109 101

モノ TF109 102


画像を見ただけでは、作業の難しさは伝わりにくいと思いますが
キットの車両は、実物をCAD設計したモノではないと思うので
実車と同じようにマスキングの位置を合わせると、かなりズレが生じます。

のでココは、キット車両のバランスを見ながら合わせていくのがベスト。
雰囲気重視で良いと思います。












モノ TF109 103



この画像の部分は、マスキングをやっていくと
どっちが塗装側の面か、わからなくなります。

そのくらい複雑・・

ちなみに、この作業して気づいたのが
実車のブラシラインは、各GPでそれぞれ位置が異なるという事。

実車はステッカーという事もあるのでしょうが
後方にいくにつれ、ラインの角度などがGPごとで全く違います。

なので私の場合は、大体で合わせてます。

いくら私でも、そこまではこだわりません。
んな事していたら、永久にこの作業が終わりませんからね。













モノ TF109 104


というわけで、マスキング出来る範囲内での作業は終了。

実際はここまで来るのに時間が掛かり、やっと終わった・・
って感じですかね。







モノ TF109 105


残りの部分は、通常のマスキングテープで。

これで塗装前の準備は終了です。












モノ TF109 106


さて、もう一つの悩みどころである 「レッド」 です。

今回は、クレオスのアクリル塗料を選択しました。

調べて吟味したのが ↑の4つ。

この中から、私の理想のモノをセレクトします。










モノ TF109 107

それぞれの色を、適当なものに入れ比較しました。
(ちょっとこぼれてしまったのもありますが、気にしないように)


私の見解ですが、3番のレッドを基準に他のモノを比較すると・・

GX-3のハーマンレッドは、3番レッドよりやや明るめ。

68番のモンザレッドは、GX-3ハーマンレッドよりやや明るめ。

79番のシャインレッドは、他の3つに比べ明らかな朱色。

結果、濃い順に並べると
レッド ⇒ ハーマンレッド ⇒ モンザレッド ⇒ シャインレッド

となります。


最終的にチョイスしたのは・・










モノ TF109 108


GX-3のハーマンレッドに決定。

この色で、ブラシラインを塗装していきます。











モノ TF109 109



いつもと違い、慎重に塗装していきました。

シンナー風呂はご免ですからね。


色ムラを出さないよう、少しずつ重ね吹き。

塗った後の 「ツヤ具合」 は一切無視!

何より、ホコリの心配と色が垂れること
そして、塗膜が厚くなることを危惧したため。

どうせツヤは、クリアー吹いた時でも出来ますからね。


そして乾燥させ
とりあえず、この段階で出来上がった画像が、こちらとなります ↓


















モノ TF109 110


本邦初公開!!

塗装による、ブラシラインの成形画像です。(まだ作業途中ですが)



いかがでしょうか?


他の画像 ↓










モノ TF109 111


モノ TF109 112

苦労が報われる瞬間ですね。
色も良い感じです。


もちろん、デカールを貼るスペースも計算してます。

適当にやってはいません。






モノ TF109 113



このモノコック横の部分のライン ↑ なんかは、個人的に上手くいったなぁと思いました。











モノ TF109 114



これで一つの山場を越え、ホッとしております。

しかし、まだ完成ではないので
再び気を引き締めます。

まだ試すことがありますので、また良い報告が出来ればと。


残りの細かい作業は、次回の第二段階へ。


最後に一言


人間やれば出来る!!





つづく






スポンサーサイト

5 Comments

しゅんぱち  

Mr.H さん

ありがとうございます。
そして、長らくお待たせしました。

ようやくトヨタTF109らしくなってきましたね。

待たせた甲斐があって
あのブラシラインを、何とか塗装することが出き
一つの可能性を見いだせたので、良かったです。

まだまだ作業は続きますので、果たしてどうなっていくのか??
楽しみにしていてくださいましm(__)m

頑張りますよ!!

2012/01/29 (Sun) 23:06 | EDIT | REPLY |   

しゅんぱち  

トマソン さん

リンクの件ありがとうございます。
早速、貼らしていただきました。

お互い模型を通じて、モノづくりのキッカケとなれるよう
頑張っていきましょう。

そのうち、ビッグサンダーさんにも来てくださいね。
私の完成品が見れますので。

2012/01/29 (Sun) 22:53 | EDIT | REPLY |   

トマソン  

リンク貼らせて頂きました。
自分の失敗ばかりの未熟なブログでよろしければリンクお願いします。
1/20のビックスケールには、手を付けてるのですが、なかなか進まず停滞してました。

完成品もそのうち見せて頂きますね。これからも、ブラシラインの様に素晴らしいテクニックを参考にさせてもらいます。

同じ東北人として、人間やれば出来る‼の言葉通りに物作りで復興を盛り上げて行きましょう。

2012/01/29 (Sun) 09:05 | EDIT | REPLY |   

しゅんぱち  

トマソン 様

初めまして。「しゅんぱち」です。
私も、たまにトマソンさんのブログを拝見しておりました。

1/43をメインに製作をされているようですが
あの小さく細かいパーツを見事に仕上げていて
改めて1/43スケールを作る人は、やっぱりスゴイなぁと感心しきりです。

リンクの件、ありがとうございます。
こんなスローペース製作ブログで良ければ、どうぞ。

私の方も、トマソン様のブログを
リンクさせていただいてよろしいですか?

お互い東北人として
復興のためにも、これからモノづくりを盛り上げていきましょう!
今後もよろしくお願いいたします。

TF109の塗り分けは、多分ほとんどの方がビックリされたかと思います。
作っている本人は、これが失敗したら製作終了だったので
背水の陣で臨みました。

何とか期待に添えれたかと思いますので、ホッとしたというのが
正直なところです。





2012/01/29 (Sun) 00:11 | EDIT | REPLY |   

トマソン  

はじめましてトマソンと申します。
しばらく前から、ブログを覗かせて頂いてました。
すばらしいブラシラインの塗り分けデスね‼まさか塗り分けるとはビックリです。自分には、デカールがダメになった段階で諦めちゃうだろうなぁ。それでなくても、マスキングが大の苦手なので、とても参考になります。素晴らしい完成品を期待してますね。
同じ宮城県人という事で、今後もよろしくお願いします。
よろしければリンク貼らせて頂いても良いでしょうか。

2012/01/28 (Sat) 18:00 | EDIT | REPLY |   

Add your comment