「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

モノポスト製 TF109製作 ラストの章 014




前回の続きです。





モノ TF109 81


とりあえず塗装をしました。

ここから、少し手を加えていきます。








モノ TF109 82


トップスタジオ製のコネクターです。
手ごろなサイズを選択しました。


ご存知の方もいらっしゃると思いますが
現代のF1は過去に比べ、本当に配線がスッキリしてしまい
模型としては見せ所が極端に少なくなってしまいました。

仮に、フルディティールキットだとしても
エンジン周りも配線のゴチャゴチャが無くなり
製作する側としても、なんか物足りなさは否めません。

その数少ない見せ場を
今回は、わずかながらコクピットに持っていこうと思います。








モノ TF109 83


このパーツは、過去記事に紹介したモノ。
それに塗装を施しました。








モノ TF109 85


それと、中途半端にしていたステアリングの完成形です。

細かい塗装を終えた後、フラットクリアーでコーティングしました。
そのままだと、なんか光り過ぎて違和感があったため。

ちなみに
裏側の赤い丸で囲んだ部分は、作り直しました。







モノ TF109 84


さて、主要パーツにカーボンデカールを貼りました。

現代F1マシンは、ほとんどカーボンパターンが見え隠れしてますが
それに若干手を加えていきます。

↑の画像は、そのまま貼ったものと、貼った後に塗装を加えたものの比較図。

一目瞭然ですが、光度の違いは明らか。

わざわざ、このように施したのは
特にコクピット部分の場合、確かに実車はカーボンパターンが見えていますが
マシン全体で見た時、コクピット内部は陰に隠れ、カーボンも黒っぽく見えているはず。

なので、そのままデカールを貼りっぱなしで仕上げると
妙にその部分だけが浮いて、スケール的に見た時に違和感が出てきます。


では、ただ黒く塗って終わればいいかと思うと、それでは味気ない。
もうちょい模型的な見栄えがほしい。
それでは、パターンが見えるか見えないかで表現できないか・・。

そんな理由から始めたやり方です。(あくまで、個人的な見解)


製作前にも書きましたが
カーボンだらけの現代F1マシンの模型的表現の課題。

場所によっては、情報が多すぎる場合
あえてカーボンを貼らない・・そういう手段もありだと思ってます。

いかに、カーボンのメリハリをつけるか。
他の部分も、ケースバイケースで施行していきます。














モノ TF109 86


配線も作り、これらを組んでいきます。






モノ TF109 88


内容は前後しますが
前回改修した、シート裏の部分です。

資料を確認しつつ、カーボンデカールを貼り付け。

ここは、このままでも良さそうですが
あとで、フラットブラックを吹いて仕上げます。




モノ TF109 89


仮組みですが、このようになります。









モノ TF109 87


先のパーツに、配線を取り付けた図です。


このキットで配線を見せれるのは、多分この部分くらいです。

単品で見ると、大したことがないような感じですが
仮組みして全体でみると、良いアクセントになるかと思います。



そして、パーツを付けてみた全体図がこちらとなります ↓


















モノ TF109 91



右側。

まだ内装は塗装してないので白いままですが
逆に黒く仕上げると、パーツが見づらいと思うので
この方が、状態を把握しやすいかと思います。











モノ TF109 92


左側です。

画像で上手く伝わっていますかね??

なんか写真撮るのが、妙に難しくて













モノ TF109 93


最後に両側。(アングルがちょっと良くないな)

やはりキットそのままよりは、らしくなったと感じます。


レジンキットの場合
ほとんどコクピット内は省略されており、なにか味気ないので
可能な限りのディティールアップをおススメします。

自作パーツを追加するだけで、より内部の密度が濃くなるはずです。
ただし、そのマシンのコクピット内部の資料があれば・・ですが。


ちなみに 「TF109」 に関しては
今回施行した部分の資料は、残念ながら見つかりませんでした。

ヘッドプロテクターが邪魔して、見えない画像がほとんど。
(または、暗すぎて見えない)

なので、参考にしたのは 「グランプリトクシュウ」 の2010年6月号で特集している
「TF110」 です。

TF109の正常進化系なので
多分コクピット内部もほとんど変わらないだろうと推測。

私の場合、分からない部分は前後のマシンのモデルを参考に
推測してやることもあります。



というわけで、この部分の思い付き追加工作は終了。

完成した状態になった時が、個人的にスゴク楽しみです。





つづく



スポンサーサイト

1 Comments

しゅんぱち  

よこしま さん

お疲れ様です。

「TF109」 やっと再開して、今のところ・・ですが順調にきてます。
現在、あの「ブラシライン」に着手。
難儀してます・・。なかなか上手くいきません。

ところで、641/2にトラブルということですが、いったい何が??
気になりますが、何とか完成まで辿り着けれるよう
無理せず頑張ってください!

お互い、何とか乗り切りましょう。

年賀の返信有難うございましたm(__)m
こちらに、無事届きました。


2012/01/18 (Wed) 09:32 | EDIT | REPLY |   

Add your comment