「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

デイブ・ディール 「ザ・クーペ・フロム・リバーサイド」 15     レッド車両終了 そして・・完結へ  

残りのレッド車両を仕上げてまいります。





リバーサイド 107



前回のブルー車両と、内容は同じです。


レッド車両も
吹きっぱなしでも、結構ピカピカに仕上がりましたが
乾燥しヒケていくと、上の画像のように表面の凸凹が見えてまいります。











リバーサイド 108


なので、とことん磨きます。

3日かかりました。












リバーサイド 109


今回のクリアー吹きは、いつもより上手くいったので
自信を持って磨けました。

おかげ様で、テロテロです



ちなみに、この色の良いところは
前回のブルー色に比べ、磨きキズが目立たないところですね。

もちろん、大きいキズは目立ちますが
ある程度の細かいものは、ほとんど見えません。

気が楽でした。










リバーサイド 110


磨き終了。

この後、洗浄します。










リバーサイド 111


スミ入れや、磨き中に取れた色を修正し
各パーツを付ければ、ボディは終了。

塗装した後という事で、最悪な事態を避けるため
パーツの接着は、すべてエポキシ接着剤を使用して取り付けてます。












リバーサイド 112


それぞれのパーツを取り付けて
レッド車両も完成です!


ふぅ・・。








リバーサイド 113


というわけで
リバーサイド製作は完結です。


けがの功名と言いますか・・

急展開ではありましたが
このキットを自由に製作出来たことによって
新たに模型作りのヒントをもらった感じがします。


今回も得るものがあり、良かったかと。


最後に・・

これまで、何気にご覧になられた方々に
心より感謝いたします。

ありがとうございましたm(__)m






完結






なお完成した作品は、下記の画像をクリックしてご覧ください。

           ↓


リバーサイド 完成編





スポンサーサイト

2 Comments

しゅんぱち  

ありがとうございます


DENDOH さん

毎度のご訪問、ありがとうです。

勉強になったとのことですが、粗末な記事でスミマセン。
製作の数をこなしていけば、DENDOHさんも何か発見するかもしれないと思います。
より良い方法とか、より良い製作道具とか・・。

私は、今後も勉強です。

書籍関連ですが
「ノモ研」 は、私にとっても未だに教科書のようなもので
製作中、何か起こった時など、スゴク助かってます。(改めて確認したり・・)
ぜひ、おススメします。

ブログ脇の書籍案内は、個人的に良いなぁ・・と思ったモノを紹介しております。

特にF1関連は
洋書の方でも、資料として良いものが比較的ありますのでおススメです。
何か見つかるといいですね。

とりあえず、何とか年内にオリジナル完成作品が公開できて、ホッとしてます。
復帰後の作品がF1モデルではないのは残念ですが
またTF109を再開するので、気長にお待ちください。

それもこれも皆様の励ましのおかげ。ありがとうございますm(__)m

DENDOHさんの 「MP4/13」 の完成を楽しみにしております。
すでに、ハイレベルのモノと化してますね。感服します。

個人的に、コクピット部分の質感が素晴らしいと観てました。(ステアリングとかシートとか)
良い感じに仕上がってますね。スゴイです。



2011/12/21 (Wed) 10:39 | EDIT | REPLY |   

DENDOH  

おめでとうございます

完成おめでとうございます!

研ぎ出しの方法やバキュームフォーム、そしてキットに対する味付けの変え方などなど今回も色々勉強になりました。

ご紹介してくださる書籍もガッチリチェックさせてもらってます。早速ノモ研の1&2を買って寝る前にいつも読んでます。
製作と共にこういった紹介も僕としてはおいしく頂いておりますので。

これからも楽しみにしております!

2011/12/20 (Tue) 18:49 | EDIT | REPLY |   

Add your comment