「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

モノポスト製 TF109製作 ラストの章 010            ステアリング編

今回は、ステアリング部分です。

現代F1の面倒な部分の一つ、ボタンやら調整ダイヤルやら・・
細々塗らなければあきまへん






モノ TF109 62


サラッと 「フラットブラック」 を塗りました。

この後、中心部分にカーボンデカールを貼っていきます。








モノ TF109 64

今回使用するデカールです。 ↑





モノ TF109 63



で、貼った後の画像です。

ブログではサラッと書いてますが
実際の作業は、かなり時間を費やしたところです。

ひたすらマークソフターを使いデカールを軟化させて密着。

一部塗装が欠けてしまいましたが
修正できる範囲内なので慌てない。



そしてこの後、細々とした塗装へ・・

        ↓






モノ TF109 65



塗装終了の画像。デカールも貼りました。

ここまで仕上がると、やっとそれっぽくなります。


アップ画像で見ると、仕上げが荒く見えますが
実際のサイズを目の当たりにすると、どれだけモノが小さく
どれだけ細かい部分だったか、納得されると思います。

手作業だと、これが限界ですな。

ついで話ですが・・
ステアリングの一番上のスペース部分は
実車では、レブリミットインジケーターが配置されてます。
(エンジン回転数を表すメーターです)

作業中、無謀にも 「ここを再現しようかな。」 と頭がよぎったのですが
あまりにも小さすぎる部分なため、止めました。
時間も掛かりそうだったし


その代わり・・








モノ TF109 66


赤い丸で囲んだ部分は、自作したところです。

ホワイトデカールを、適度な大きさにカットして先に貼り
文字らしき部分は、このスケールだと見えませんので
ガンプラでよく見かける、コーションデカールを流用。
加工して貼りました。

実車同様、それっぽく見えると思います。(作業自体は大変でしたが)

ちょっと、こだわったところです。


ステアリング自体の作業は、これで大体終了ですが
残りは調整に入ります。

あと、一部の部品は作り直す予定。


ちなみに
作業途中に何回も資料に目を通すと、改めて気が付くことも多々あります。

例えば・・ 









モノ TF109 67


こことか。  ↑


後から気づいて変更可能な所は、出来る限り修正していきます。


あまり無いことを祈りますが・・。



つづく







スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment