「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

モノポスト製 TF109製作 ラストの章 07


モノ TF109 43


下地処理の最後の大物、ウイングです。


先週で、こいつの作業が終わる予定でしたが
台風のせいで、今日まで予定が伸びてしまいました。


丁寧に分解し、各パーツをやっていきました。(急ピッチで









モノ TF109 44


画像は、すでに作業を終えた翼端板ですが
下地処理をするうえで、ウイングの中で最も面倒な部分でした。

昔と比べ形状がかなり変化し 「3D化」 したこの部分


シンプルな形状に戻そうよ!!  面倒くさい・・。


と、現代F1の模型を製作された方
全員が思ったのではないでしょうか。


2009年でこうですから、2011年現在は  より複雑化 しており
個人的に、そろそろレギュレーションでなんとかしてほしいものです。


フロントウイング前方のフラップも、何枚付けるんだか
形も訳わからんモノになって・・。








モノ TF109 45


厚ぼったく見えるかと思いますが
実車もこんな感じだったと個人的に思うので、このまま進めていきます。


ちなみにキットのままだと
フラップを取り付ける穴が、翼端板に開いてます。

実車は開いておりませんので、ここは埋めます。

ただし、埋めるとフラップが取り付けれないので
この作業の際に、フラップ側と翼端板側の取り付けピンを、逆にする加工をします。








モノ TF109 46



リヤウイングも、フロント同様の作業。

ただ、フロントよりは形状はシンプルなので
そんなに難しくはなかったです。










DSC03284.jpg

最後に
過去記事に載せた画像ですが  ↑
このパーツも・・



モノ TF109 47



ようやく、ここまで仕上がりました。




とりあえず、全パーツの下地処理は、これにて終了。
次回からは、いよいよ本塗装に入ります。







スポンサーサイト

1 Comments

しゅんぱち  

よこしまさん


今まで無かったんですが
まさか、翼端板だけで製作の仕方に悩みが生じるとは・・
思いもしなかったです。

どういう手順で仕上げていけばいいか
迷いますね。
今まで以上に目立つ部分なので
手が抜けません。


1/12スケールは、今までの製作と異なる部分が出ると思います。
1/20で無視出来た箇所も、作りこんでいかなければなりませんからね。

とにかく、お互いに頑張りましょう。

TF109のデカールですが
とりあえず、手持ちのモノでこれから試してみます。

多分、大丈夫のような感じなのですが・・果たして??



2011/10/01 (Sat) 23:19 | EDIT | REPLY |   

Add your comment