「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

RG MS-06S ZAKUⅡ 中隊長機カラー

「しゅんぱち」ブログ内では
初の「ジオン軍モビルスーツ」製作となりました。

今まで連邦軍ばかりでしたからねぇ(^_^;)

というわけで


RGシリーズ MS-06S ザクⅡ です。


ザク 1


前回の「RG ガンダム」同様
カラーリングを変えての作品となります。

お店の展示用として製作しましたが
すでに、別のモデラーの方が「赤」で仕上げて先に展示していたので
別のバリエーションがあった方が、見栄えとして面白いのでは・・
ということで、ベタですが「グリーン」に仕上げました。

ご存じの通り、キットそのものは「シャア専用ザク」です。



さて・・
個人的に、初めてガンダムを見た時から
ジオン軍は「シャアザク」が一番大好きで(未だに)
いつかは作りたかったもの。

現在は、昔のガンプラでは考えられないくらい キット内容は進歩しており
そのスゴさは・・ただ脱帽するばかりです。



ザク 2


今回のテーマは「ウェザリング塗装の見直し」です。

自身の過去作を見直すと
仕上がりの粗さを感じていました。
もうちょい、何とか出来るだろうと・・(-_-;)

そこで、「1/144スケール」ではどのくらいが見栄えが良いか考え直す事にして
AFV模型誌等を参考に、改めてウェザリングに挑戦してみました。

その結果が    の画像です。

(詳しい塗装経過の内容は⇒こちらへ。)


今のところは、このくらいが妥当かなぁ・・
って思うのですが・・どうでしょう(^_^;)

まだまだ勉強ですけどね



ザク 3


それと今回は、この作品に背景を付けてみました。

ただグリーンカラーに作ったのではなく
量産型カラーだけど、実はシャアの搭乗機なんだよという
まぁ、無理矢理こじつけた、私の勝手たる妄想設定ですが

その機体の背景とは・・ ↓  

(*注意 あくまで私個人の妄想設定であり、公式なものではありません )



一年戦争初期
初のモビルスーツ戦となった「一週間戦争」では
シャアは、すでに赤く塗装されているザクⅡ(MS-06C)を駆り
かなりの戦果を挙げ、エースパイロットへ急成長。

この戦争が終盤に差し掛かった頃
その活躍に注目した上層部は、裏で完成していた次期主力機である
「MS-06F」 のカスタム機 「MS-06S」 のパイロットにシャアを指名。
この機体は、データ収集とテストを兼ねたシェイクダウンを
いきなり実戦にて敢行することとなる。

急遽決定したため、当然カラーリングはロールアウトしたグリーンのまま。
しかし、シャアはパーソナルカラーに多少ならずともこだわりをみせ、
戦場で自分であると識別出来るように、赤い塗装を指示したが
この頃、戦時中で時間が無かったこともあり、機体の一部のみの簡易的なモノとなった。



ザク 4



かくして
「MS-06C」と交互に乗り換えつつ「MS-06S」のセッティングを煮詰めていき
シャアが搭乗していたこともあり、機体の性能も最大限まで引き出され
かなりのデータが取れたという。

そして、これらのデータが
後の「高機動型ザクⅡ」である「MS-06R」にフィードバックされたという説も・・。

「一週間戦争」終結後も、この機体は多少のアップデートが施され
全体の色も、最終的にシャアのパーソナルカラーの赤へと変更。

完成度が増したこの「MS-06S」は
この後の「ルウム戦役」にて、更なる戦果を挙げることとなり
またそれは、「赤い彗星」伝説の始まりともなった・・・。


ザク 5


って、想像しながら製作していったわけですが・・

ダメ?

完全な、私の妄想世界のストーリーですが
こういうシチュエーションを考えながら作るのも
意外と楽しいかも。(←自己満足)


くだらない内容で長くなってしまいましたが・・(スミマセン)

またいつかこのキットを組む時
その時は、赤い色の「シャアザク」として改めて製作したいですね。

機会があれば・・。



というわけで、詳しい詳細画像は⇒ こちら となります。

よろしければ、どうぞご覧になってください。







スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment