「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

モノポスト製 トヨタ TF109 製作編35

フラップ部分に入ります。





↑ キットの状態は、このようになってます。
これをイジっていきまっす。


DSC03189.jpg
DSC03188.jpg


↑ の図のように
キットの状態で、そのまま付けると浮いてしまいます。(赤丸部分)

資料を見ると、もうちょい下がり気味の直付けな感じだったので
まず、ここら辺をイジってみます。


DSC03200.jpg


裏側のピンをカットしてみました。

この状態で、もう一度仮組みして様子をみます。


DSC03201.jpg


正面から見た時、かなり曲がっておりました。

うまくいけば、手間をかけずに
ここが終わると勝手に思いこんでしまいましたが・・

やっぱり、直さんにゃならんか


DSC03202.jpg

おまけに
翼端板側も見ると、取り付け位置にも問題が・・。

修正します。

アブダビGP、日本GPとも、上段側のフラップは
比較的立った状態だったので
なるべく、そのように近づけます。

その修正作業中、やっぱりというか、なんというか・・ ↓

DSC03274.jpg


楽をしようとした報いなんでしょうか・・

何回か取り付け位置の脱着と、角度調整を繰り返していたら ↑ 
一体化していたフラップが、二分に割れました
(オーマイガッ!!)

この事態だけは、避けたかった・・(T_T)
一枚一枚やるの面倒なんだよね。

でも、なったものはしょうがない。


DSC03210.jpg


上下とも、納得がいく位置で決まったら
新たに真ちゅう線で、場所を固定。

後でパテなどで、翼端板の表面を馴らします。

ハンダでもあれば、それで決めたいところですが
私はいまだに持ってません。


DSC03205.jpg


分かりづらいかもしれませんが、比較図です。

修正後の、上段のフラップの角度が
少し変わっているのが分かりますでしょうか?

反対側も、同じように修正していきます。


DSC03211.jpg


ある程度終えたら
一度この状態で、ボディー側のステーに仮付けして
角度など、全体のバランスの確認作業。

過去に、完成したウイングを何もせずそのまま付けたら
かなりアンバランスだったという苦い経験があったので
その反省から。

この時から、中心部分や、左右の幅の寸法を
徐々に決めていきました。


DSC03208.jpg


そうすると
ボチボチ細かな形状修正箇所が現れ始めます。

とりあえず今回は
上段のフラップ部分が左右で微妙に違っていたので
削って修正しました。

ちなみに
翼端板側の、フラップ取り付け位置に注目。
変わったのが分かります?


DSC03216.jpg


修正後の図。

とりあえず、フラップ部分は終了。

簡単そうに書いてますが
実際はかなりの手間ヒマかかってます。


次回から、細かなパーツの修正過程へ突入します。
もっと面倒な部分へと・・。

つづく



スポンサーサイト

1 Comments

しゅんぱち  

よこしまさん 毎度様です( ^^) _U~~

「B190B」製作は順調でしょうか?

「ボーテックスジェネレーター」は、手を抜くかどうか
悩みどころの場所ですね(^_^;)

私も90年代のF1作る時に
この場所をどうするか悩みます。
結局、微妙に見えるのでやってしまいますが・・。

最終的に、メリハリは大事ですね。
こだわり過ぎもキリがないので、手抜きも大事だと思います。
それは、私の課題でもあります。

とりあえずは、作りたいように作るのが一番です。

マイペースで頑張りましょう。

「TF109」加工製作も、そろそろクライマックスです。
私も頑張ります。

では。


2010/10/01 (Fri) 23:25 | EDIT | REPLY |   

Add your comment