「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

モノポスト製 トヨタ TF109 製作編 10

いよいよ、ガレージキットのキモとも言える
足回りの製作です。

タイヤの角度、車体の高さ等、カッコよさにも影響するので
気が抜けません。

気が済むまで、じっくり行きます。



今回は、フロント部分からいきます。
モノコック下部まるまるロアアームですが
強度でみれば、この方がいいです。

キットは、ダボ式になってます。
しかし・・メタル素材を接着剤だけで組むのは
強度的に心配です。

ので・・・

DSC02374.jpg

ダボ位置のところに穴を開け
ビス止めに変更します。

仮組みで、何回もパーツを脱着して様子を見る事が多いガレージキットにとっては
この方法に変えた方がメリットはあります。

DSC02375.jpg

皿ビスを使い、固定しました。

ロアアーム終了。

DSC02377.jpg

アッパーアームは、ただ差し込んだだけ。
モノコックにモールドされている穴を、そのまま開口。

特に、問題は無し。

昔のF1に比べ、タイロッドとの一体化パーツは

すごい楽! です。

DSC02376.jpg

ブレーキとアップライト部分です。

このキットの組み立て説明書は、ハッキリ言って分かりづらいです。
どのパーツを使用するのかよく見えません。

パズルみたいです。

フロントは、↑の画像のパーツを使用します。

DSC02381.jpg

組むと、こうなります。↑
ブレーキキャリパーは、仮組み段階ではまだ付けません。

細かいことを言うと
実車はこの部分、筒型のカバーで覆われてますが
今回はプロポーションモデルで、タイヤは外さない仕様なので
このままいきます。

って言うか・・やりたくないです

DSC02380.jpg

全体で見た図です。

後方、ミラーが仮付けだったので曲がってますが
気にしないでください。

後で、一旦外しました。

DSC02384.jpg

で、いよいよタイヤの取り付けですが
長くなりそうなので
次回に続きます。


スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment