「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

フジミ フェラーリF92A レビュー

スポットで販売された「フジミ フェラーリF92A」です。

F92A.jpg

過去、モデラーズで出てましたが、
あれから長い月日を経て、フジミさんから再生産されました。

現在の、新しいF1キット内容に比べると、物足りなさを感じそうですが
タミヤさんのキット内容と同様、作りやすさを重視したやり方
つまり、極力パーツ点数をへらし、大体の箇所を
できる限り一体化することで、あまり時間をかけず完成まで持っていける
・・そんな構成となってます。

見栄えのシャープさを追求した、模型雑誌でもお馴染みの薄々工作。

このキットでは、ディフューザー部分、カウルなど
箇所によっては、最初の状態から薄く整形されているので
それにこだわっている人にとっては、削る手間が省けます。

リアウイングも一体成型になっており、
色を塗り、デカールを貼れば、あっという間に完成します。
この時代のフェラーリF1は、ウイングは黒一色なので、この構成でも
問題はないと思います。

このキット、当時斬新だったのが、ホイールナットの構成。

実車同様、ブレーキディスクに「スタッドボルト」を差し込み
その軸にホイールを履かせ、ナットを締める内容で
私自身もキットによっては、製作時に好んで、この方法に変えて組んでます。

全体のフォルムも問題はないと思います。まぁ、こればかりは人の好みですが・・。

あとは組んでみなければ何とも言えませんが、
私自身は楽しみです。

F1の醍醐味でもある、各チームの個性的なマシン達。
それが多く登場していた時代に、成績は芳しくなかったものの、
特徴であるサイドポンツーンと、ダブルデッキのアンダートレイという
大胆な発想でデザインされた「F92A」は、
別の観点から楽しませてくれた、そんなマシンの一つだったと思います。

レギュレーションにより、昔ほどの個性が出にくくなった現代。
このキットは今のF1では見ることのない、当時の奇抜な構造した「F92A」を
1/20の模型で確認できる、最高のテキストであると私は思います。







スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment