「しゅんぱち」さんの模型工作室

Model Work room of 「SHUMPACHI」

19

2010

ヒロ製 FW16 製作編 その1

今回から、製作過程を紹介します。 独自の製作の仕方なので、ふーん・・・てな感じで、軽い気持ちでご覧下さい。 プラモデルでは、フジミさんからも「FW16」が発売されますが、 それまではガレージキットのみのリリースだったので、私自身なかなか手を出せずにいました。 ガレージキットそのものに対し、難しさをイメージしてたためですが、 結論から言いますとくせになりそうです。 実際作ってみると、ガレキだから経験できるこ...

20

2010

ヒロ製 FW16 製作編 その2

前回、画像でチラっと見えていたサスカバー部分です。 左がキットのもの、右が加工したものです。 モノコック拡張に伴い、必然とこの部分も改修しなければなりませんでした。 最初は、キットのメタル製を加工するつもりでしたが、 何かやりづらい感じだったので、思い切ってまるごと自作することにしました。 ベースにしたのは、「タミヤ1/20マクラーレンMP4/8」のサスカバーで 縦幅を「FW16」に合わせてカットし、横幅はエポパテ...

22

2010

ヒロ製 FW16 製作編 その3

モノコック下部を、かなり削ったために ロア部のサスアームのストロークが足りなくなってしまいました。 (画像は、加工後) キットのサスアームはメタル素材で、最良の延長方法は 他のメタル素材をハンダで繋げた方がいいのですが、 恥ずかしながら私、ハンダごて等の道具を持っておりません・・。(いづれ揃えたいです) というわけで、今回は他のプラキットからサスパーツなるものを流用。 真ちゅう線を併用し、強度を保ちつつ、...

24

2010

ヒロ製 FW16 製作編 その4

今回は、シート部です。 とは言うものの、ここは、そんな難しい工作はしてませんが モノコック改造は、このシートまで及び 下部を削った分、シート下まで削ることに・・。 脇から足先まで、とにかくひたすらカット! モノコックに合うよう仮組みを繰り返しました。 また、省略されてあったところ、シート脇にあるダイヤルですが キットのコクピット部分のインパネに付いてあるモールドをカットし加工。 それを、調整ダイヤルのつ...

26

2010

ヒロ製 FW16 製作編 その5

今回はフロントサス部分を紹介します。 画像をみて分かると思いますが、左が自作、右側がキットそのものです。 メタル素材は、細かいところでは形がハッキリと出にくく、 プラモよりモールドが歪になってしまいます。 また、キットの状態では一回り小さく感じたので、結局すべて作り直すことにしました。 「F1モデリング セナギガSP」と、「同 Vol.40」 また「F1速報1994 モナコ、スペインGP号」を参考に、大体の形を把握しつ...

28

2010

ヒロ製 FW16 製作編 その6

続いて今回は、ステアリング機構周辺です。 どちらが自作品か、お分かりですね。 この部分も、すべて作り直しです。 キットのものは、アッパーアームと一体化で構成されてますが、 ノーズを付けた時のクリアランスを考えてか、やっぱり一回り小さいです。 プラ棒、プラ版、真ちゅうパイプ、アドラーズ製品、トップスタジオ製品 を駆使して「F1モデリング セナギガSP」に、この部分の拡大写真が掲載されていたので それを基に製作...

01

2010

ヒロ製 FW16 製作編 その7

今回はノーズ部分です。 画像は、大体仕上げたものです。 当時の速報誌「GPX サンマリノGP号」で初めて知りましたが、 サンマリノGPから、フロントウイングが若干上がって取り付けられていたとの事。 確かに、パシフィックGPと比較すると びみょ~うに角度が変わってました。・・言われないと気がつかないですけど。 で、そこも私は・・やっちゃいました。 それに伴い、ノーズラインも修正。 モノコックに付けた状態で、成形しま...

03

2010

ヒロ製 FW16 製作編 その8

今回は、ウイング部分です。 翼端板です。 上のパーツは別のキットのもので、比較のために持ってきました。 スタジオ27製の「FW15C」のものですが、ヒロ製「FW16」と形がそのまま同型だったので 正直、ビックリしました。 ここら辺の資料は、細かく写っている画像が少なく (写ってても黒くて分からん!) こういう感じだろうと、イメージも混ぜて製作したところです。 「GPX サンマリノ号」では、イラストで紹介されてましたが...

09

2010

ヒロ製 FW16 製作編 その9

今回はカウル部分です。 モノコック改修に伴い、こちらもかなり修正してます。 ただし、以前お話した通り、私は「ハンダごて一式」を持っていないため エポキシパテを使っての製作となります。 しかし侮るなかれ、パテでも十分改良はできます! と言うわけで、画像で見てお分かりの通り サイドポンツーンの高さ、リアエンドの延長 そして・・ 削っただけなので、分かりづらいですが カウルのフィンのライン等、形状変更してます。...

10

2010

ヒロ製 FW16 製作編 その10

今回は、アンダートレイです。 この工程で、とりあえず外観は終了です。 初期生産では、ここのパーツは「メタル」製だったらしいですが、 私が購入した、第三期再生産は「レジン」製でした。 さすがに原型が限界なのか、かなり歪みがあり 修正は大変でした。 そのついでに、パテで形状を修正。 モノコック下部を絞り込んだので、 それに合わせて、接地面を形に合わせ削りつつ、整えていきました。 同時に、モノコック下の「取り付...

15

2010

ヒロ製 FW16 製作編 その11

さて、今回は「ステアリング」です。 左がキット、右が自作したものです。 コクピット内部の写真は、書籍ではなかったのですが、 ネット動画で確認することができました。 また、ステアリングに関しては セナ関連の書籍で掲載されていたのを見つけたので それを参考に製作しました。 キットのタイプは、マンセル、プロストが使用してたものに近く、 セナは、形状、スイッチボタンの位置は 基本的に、マクラ―レンからあまり変わっ...

16

2010

ヒロ製 FW16 製作編 その12

今回はインパネです。 前回の記事で、さりげなく公開してますが この部分は、プラ板で全部作り直してます。 右が作り直したものですが、 FW16のインパネの資料は、無いんでないかい!? ・・って思うほど見つかりませんでした。 ネット動画で、やっと見つけてみたものの 個所によっては、見えない、見づらいで 全体の詳細までは無理でした。 何にせよ、全部作ったところで 隠れてしまうところだから、無意味になってしまうけど...

18

2010

ヒロ製 FW16 製作編 その13

外部が終わったと思ったら、リアウイング周辺を忘れてました。 というわけで、今回はリアウイングです。 ここでの改修は 上部と下部のフラップの角度調整、および幅詰めをしました。 説明書指定では、翼端板上部の角度穴の「一番下の穴」で フラップ固定になってましたが、 実車の角度と比べると、 なんか、立ちすぎてる感じがしたので、修正することにしました。 画像は、とりあえず一番上の穴で固定した時のものですが、 フラッ...

19

2010

ヒロ製 FW16 製作編 その14

今回はエンジンです。 画像を見て、一瞬・・何だこりゃ!? っと思ったかもしれませんが エンジンの上の部分、「トップフューエル インジェクション」です。 吸気口トランペットに、直接ガソリンを噴射する機構部分です。 すでに、ご存じの方もいると思います。 見てのとおり、キットのものは 「インジェクション」のノズルの形が、ちょっと歪になっており 今回は、この部分を作り直しました。 当時、ルノーエンジンの一番の特...

23

2010

ヒロ製 FW16 製作編 その15

今回は、ミッション周りです。 画像は、変更前のものですが そのままだと、味気ない感じでした。 よくよく調べると、ミッションの後ろ側は 何やら、コネクターや配線が取り回されているようで 詳細の写った資料は見つけれませんでしたが、 チラッと見えた写真はあったので それを基に、ここもイメージで仕上げました。 見づらいですが、大体こんな風にしました。 何もないよりは、マシでしょう。 リアサスは、9割くらい自作。 ...

24

2010

ヒロ製 FW16 製作編 その16

FW16の製作編も、いよいよ大詰めです。 少し、制作内容は前後しますが 補足的に画像を掲載します。 塗装前の、最終調整時のものです。 見ての通り、内部の大部分は 「メタル素材」であることが確認出来ます。 実際これだけ集まると、ホントにスゴイ重量です。 それを覚えてしまうと、 プラモを作った時、ちょっと物足りないと感じる時があります。 塗装後にもう一度仮組みし、調整します。 たまに、色の厚みでズレが生じる場合が...

02

2010

ヒロ製 FW16 製作編 その17

そろそろFW16も、腹いっぱいと感じてる方もいらっしゃるかと。(私も) もう少しだけ、お付き合いください。 今回前後しまして、塗装編です。 塗装に関しては、あくまで自己流なので 参考となるところがあれば、幸いですが。 FW16は、見ての通り「雌型モノコック」なので 先に塗装を済ませないと、作業が進まなくなります。 私の場合、まず「フィニッシャーズ マルチプライマー」先に塗り 塗装の食いつきを、よくします。 その次...

03

2010

ヒロ製 FW16 製作編 その18

前回の、塗装の続きです。 白を塗り、その上にクリアーを塗ったら、 いよいよ、ブルーの塗装にいきます。 私は、「フィニッシャーズ ブライトブルー」を使用しました。 ここで大変だったのは、マスキングする位置決めでした。 けがき線がなかったので、すべて自分でスペースを図りながら マスキングしました。 ブルーは個人的に、もう少し明るくてもよかったのですが 全体の、色の濃度を調整しているうちに イメージより濃くなっ...

04

2010

ヒロ製 FW16 製作編 その19

再び戻って、内部です。 ここら辺の配線処理は、「F1モデリング セナギガSP、同 Vol40」を 主に参考にしています。 モノコック裏の中心の、CP周りです。 ここを、大体把握できたのは「F1モデリング Vol40」が出てからです。 それまで、給油口がある右側半分の資料が見つからず、 適当に仕上げるつもりでした。 ここの部分は、画像では分かりづらいかもしれませんが、 ほぼ、手作りです。 プラ板、トップスタジオ製パーツ、真...

08

2010

ヒロ製 FW16 製作編 ファイナル

長かった「FW16」の製作編も、今回で終了です。 一気に行きます。 前半部分で、紹介をしてなかった「アップライト」部分です。 今頃でスミマセン。 実は、このキットの「FW16」のフロント部分、 製作中に、幅が短い事に気付きました。 サスアームのストロークが短かったのですが 下手にイジると、アライメントが極端に狂いそうで バランスが崩れてしまう心配があったので、 ここは無難に、アップライトの幅を広げることにしました...